釣りデビュー!実際のところ、初心者は何から始めたらいいのか?

こんにちは!
ゼロ釣り編集部のあ~るです。

釣りを始めたい、と思っているそこのアナタ!
何から手をつけていいのか迷ったまま時間だけが過ぎていませんか?

私が釣りを始めた時は身近に教えてくれる人もおらず、巷にあふれる大量の情報に翻弄され、最初の釣行までにかなりの時間を費やしました。
振りかえってみると、その時間と手間がもったいなかった!と強く感じます。

なので今回は当時のことを振り返りながら、初めて釣りに行くまでの手順を具体的にまとめてみました。
※船釣りはまたちょっと違うので、今回は陸からの釣りに関して書いています。

釣りたい魚(本命)を決める

本命を決めるのはなんのため?

「釣り」を漠然と想像した時、「1本の竿に1つの釣り針、針にエサをつけて水中に投入したら何か魚が釣れる」というイメージがありませんか?
実際に釣行の支度をし始めるまで、私はなんとなくそう信じ込んでいました。

でも、そうじゃなかったんです。
竿は対象魚や釣り方ごとにいろいろあるし、仕掛けなんかさらにたくさんの種類があるので、その中から目的に合った道具を選ぶ必要があります。

また、魚の種類によって生息している場所も違います。
まずは「どの魚を釣りたいのか=本命」をハッキリさせないと、道具も揃えられなければ、行き先も決められないのです。

本命は好みだけでは決められない?

本命の魚を決める時、まず考慮しなければいけない条件があります。
それは、季節です!

魚は種類によって適水温(活発に活動する水温)や習性が異なります。
適水温に近い場所を探して移動したり、産卵などの時期は行動傾向が変わったりするので、同じ場所でも季節によって釣れる魚は変わってくるのです。
季節を考慮しないで本命を決めると何も釣れないまま帰宅することになりますので、気をつけましょう。

ちなみに、釣りデビューする方にオススメの季節ごとの本命は、

春:カタクチイワシ・メバル
夏:イワシ・アジなどの小型回遊魚・キス・ハゼ
秋:イワシ・アジなどの小型回遊魚・キス・ハゼ
冬:メバル・カサゴ

といった感じでしょうか。

特に夏~秋にかけての小型回遊魚は足場の良い漁港などで楽しむことができ、まとまった数が釣れることも多いので釣りデビューには最適!
また、毎年同じくらいの時期に同じ場所に群れがくるのでメジャーな釣り場が多く、釣果情報がキャッチしやすいこともポイントです。

とはいえ冬や春も魚は釣れますので、釣りデビューはいつでも好きな時にできます。
思い立ったが吉日、真冬のデビューだって素敵なものです。

釣り場を選ぼう!

釣り場の情報を集めよう

本命の魚を決めたら、まずは釣り場の情報を集めます。
多くの人はインターネットを通じて情報収集をすることになると思いますが、下記の5点は必ず確認しましょう。

・本命の魚が釣れる(生息している)場所なのかどうか
・サビキ釣りやチョイ投げなど、初心者向けの釣り方ができる場所なのかどうか
・直近に釣果があるかどうか
・その場所で釣りをしていいかどうか
・トイレや水道の有無

特に、その場所が釣りをしていい場所かどうか、というのは重要です。
せっかく楽しみにして出かけたのに、何も釣れないまま…というか釣りすらできないまま帰ってくるのはつらいですからね!

直近の釣果情報に関しては、釣り場の近くにある釣具屋さんのホームページが頼りになります。
掲載がないお店もありますが、スタッフの釣行報告の他、お客さんからの釣果報告を掲載してくれていることが多いです。
回遊魚を狙って釣りをするのであれば、前年の同じ時期の釣果情報を参考とするのも良いでしょう。

また、自動車で行きたい場合は、駐車場情報もチェックが必要です。
違法駐車は港湾関係者や近隣住民とのトラブルのもとになるので、絶対にしないようにしてください。

行き先を決めよう

釣り場の情報を集めたら、行き先を決めます。
事前に集めた情報をもとに選びますが、

・本命の釣果情報が直近にある
・足場が良い
・初心者向けの釣り方ができる
・自宅から近い(行きやすい)

あたりの要素を比較して決めるのが良いです。
同じぐらい良さそうな釣り場が複数ある時は、迷わずに自宅から近い(行きやすい)方を選びましょう。

なぜかというと、魚が釣れても釣れなくても、釣りは帰宅してからの後始末にも時間と労力がかかり、それが意外と疲れるのです。
何回か釣行して要領がつかめればなんということはありませんが、最初のうちは近くの釣り場に出かけるのが良いでしょう。

また、特にこだわりがないのであれば、各地にある海づり施設もオススメです。
場所にもよりますが、本牧海づり施設などでは、ほぼ通年カタクチイワシが釣れます。

釣り道具をそろえよう

どういう釣り方ができるのかを調べる

さて、本命魚と行き先が決まったら、いよいよ道具を買いそろえます。

が、道具を選ぶ前にはまず「狙う魚がどんな釣り方で釣れるのか」を調べる必要があります。
たとえば、イワシやアジはサビキ釣りで釣れますが、キスをサビキ釣りで釣るのはほぼ不可能です。
自分の本命を対象にした釣り方に合わせて道具を用意しましょう。

ちなみに、釣具は高価なイメージがありますが、最近は「堤防釣り入門セット」などのセット販売品も多く取り扱われています。
お値段的にも気軽に用意できるものがありますので、安心してください。

安い道具でも大丈夫なの?

結論から言うと、大丈夫です。
私は3年半前に釣りを始めた時に購入したリールとセットで¥3580の入門用コンパクトロッドもまだ愛用しています。
クーラーボックスなどの道具類もほぼ新調していません。

ただし、今後も釣りを継続することが決定している場合は最初からそれなりの道具をそろえた方が、かえって安上がりになる可能性があります。
安いセットは性能も「それなり」ですし、運が悪いとすぐに壊れてしまったりすることもあるからです。
釣具類に関しては目的と状況、あとは自分の性格に合わせて選択していくのが良いかと思います。

【釣り初心者】はじめてのぼうけん~武器(釣具)入門編~

【釣り初心者】はじめてのぼうけん~アイテム(釣り道具)入門編~

服装の用意も忘れずに

ちょっとした釣行なら、今タンスの中にあるもので充分です。
季節や気温、お天気に合わせて用意をしましょう。

なお、水辺は市街地よりも寒く感じることが多く、紫外線が強いのが特徴です。
寒さ対策と紫外線対策は特にしっかり行いましょう。

【釣り初心者】はじめてのぼうけん~防具(釣りの服装)入門編~

さぁ、釣りに出かけよう!

釣れる時間帯を狙っていこう

さぁ、ここまでできれば準備は万端です!
あとはお天気と相談して出かけるだけ…といいたいところですが、どうせ行くならできるだけ釣れる可能性が高い時に行きたいですよね?

魚が釣れやすい時、それはズバリ朝夕のマズメ時(日の入り・日の出の頃)と満潮の前後1時間ぐらいです!

さらに言えば、潮は中潮の日を狙いましょう。
干満の差が激しい大潮の日が良いという人もいますが、大潮の日は流れが速く、仕掛けが流されてしまったりするので、初心者には中潮くらいがオススメです。
※釣りと潮汐の関係を語りだすと長くなってしまうので、そこについてはまたの機会に。

マナーを守って楽しく釣りをしよう

実際に釣り場に行ってみると、たくさんの先達がいらっしゃいます。
そしてそのおおよそは、マナーを守っている新人釣り人には優しくしてくれるものです。

困っていれば誰かしら助けてくれるので、安心して釣りデビューしましょう!