冬こそ楽しもう!シーバス釣りってどんな釣り?

もう1月も下旬になり、魚が一番釣れない時期である2月がやってこようとしています…。
そんな真冬でもやっぱり釣りに行きたい!という根性のある人は少なからずいるもの。(あ〜るとか)
今回は、この厳冬期でもポイントさえ見付ければ釣れる、冬のシーバス釣りについてとりみがご紹介します。

シーバスってどんな魚?

バスとシーバスの違い

まず「シーバス」って何の事?という貴方、バス釣りって聞いた事ありませんか?
スポーツフィッシングでよく見かけるバス釣りの「バス」で代表的なのは外来魚のブラックバス。

それに対し、シーバス釣りの「シーバス」は和名でスズキと呼ばれる魚の事。
シーバスはブラックバス同様淡水魚に含まれていますが、ブラックバスと違って海と川を行ったり来たりする魚なんです。
海水と淡水の混ざり合う河口などの汽水域で主に生活しているため、汽水魚とも呼ばれています。

シーバスの産卵時期

そんなシーバスは、この厳冬期、産卵の時期に入っています。
シーバスの産卵時期は地域と個体によってズレがあり、西日本だと適温が得られやすいため大体11月~3月頃までが産卵時期ですが、北陸や東北などの寒い地域では12月~2月までが産卵時期になります。

また、シーバスのサイズなどによっても産卵を迎える時期にズレが生じ、大きいサイズのシーバスほど産卵を迎えるのが早いようです。
12月下旬には産卵時期を迎えた多くのシーバスが深場に落ちてしまい、小型のシーバスばかりになってしまうのですが、産卵を早く終えたシーバスは1月中に戻ってきます。

そして、1月後半からシーバスのエサとなるバチが増え始めるので狙い目なのです!

冬のシーバスのベイトパターン

ベイトパターンとは、特定のエサを食べている状況の事。
イワシを食べている状況であればイワシパターンというように「○○パターン」と呼びます。

シーバスは肉食魚のため、イワシ・コノシロ・サヨリなどの回遊魚や、ハゼやバチ(イソメやゴカイ類の総称)を食べています。
2月頃からバチの繁殖が行われるため、シーバスはこのバチを狙って食べています。
つまり、2月頃からのシーバスはバチパターンになるのです。

シーバス釣りに行こう!

肝心のシーバスはどこにいる?

冬のシーバス釣りでオススメなポイントは、まず温排水の流れている場所
暖まるところに居着いているシーバスを狙いましょう。
ただし、そういったところは皆狙って行くので、シーバスがスレてしまいなかなか食いつきません…。

次に、沖合いの深みの水温が安定している場所
シーバスは水温の安定している深場で産卵します。
シーバスが産卵に訪れる深場に隣接している海域で狙うと良いですよ。

そして、虫エサが大丈夫な人に最もオススメなのは、バチのいるところ!
2月頃からはバチの繁殖しているポイントに、バチを食べに来たシーバスがいるため、バチの繁殖しているポイントを探す事が重要です。

バチ自体は色んなところにいますが、河川から河口へ流れてくるバチを産卵後で体力のないシーバスが狙うため、河川内か河口がポイント
港湾部にもバチが溜まっている事があるので狙えます。
ボイル(水面に魚が跳ねている状態)があれば釣れる可能性は高いですよ!

ただし、わらわらとバチが表層を泳ぐ姿ははっきり言ってすごく気持ち悪いので、虫エサが扱えないような人にはキツいと思います。

とりみ
私は無理です。

バチ抜けを狙おう!!

バチ抜けというのはバチの繁殖のことで、東京近郊では1月後半の大潮あたりから始まります。
バチは普段水底の柔らかい土の中に住んでおり、繁殖期の夜、月の明かりに引き寄せられるように底から出てきます。
バチはどうやら光に反応するようなのです。

バチは魚ほど泳げず、潮の流れに身を任せて泳ぐため、潮が引いた時にこぞって出てきます。そのため、満潮の2~3時間前後が勝負

バチは表層で泳いでいる姿が確認できるため、バチを食べに表層まで上がってきたシーバスを狙えますが、見えないだけで底の方にバチがいる事もあるので、底も狙ってみると良いですよ。

ところで、どんな釣具を使って釣るの?

シーバス釣りに使うのはシーバスロッドスピニングリールです。
入門にオススメなタックルはこのあたりでしょうか。
予算があればリールは¥10,000前後のものを購入しておくと、他の釣りでも使い回しがききます。

また、シーバス釣りでは生餌ではなくルアーを使用します。
ルアーにも色々ありますが、1月後半~2月のシーバスは水温の低下により運動能力が落ちていて動きの早いルアーだと追いかけてこないため、ジグヘッド+ワームが有効です。

ワームは動きが少なくアピール力も少ないため、糸を一定の速度で巻き取る「ただ巻き」で自然な動きに見せる事が出来ます。
人気の釣り場だとシーバスがスレてしまっていてルアーを見切られますが、ワームだとかかる事があります。
また、バチ抜けは表層だけでなく底の方でも行われている場合がありますが、ワームなら速度を変えれば表層もボトムも攻められます!

ワーム選びでは、まず強度が重要です。
シーバスは顎が強くワームを食い千切られる可能性があるので、強度のあるものを選びたいところ。

形も様々ありますが、アピール力の少ないものと強めのものが両方あると使い分けられるので、ピンテールタイプとシャッドテールタイプを持って行くと良いと思います。

カラーはナチュラルカラーがオススメです。
アピールの強い色を選ぶとすぐにシーバスがスレてしまうので注意。

釣った後の楽しみは…

釣り人の醍醐味の一つは釣った魚を食べられる事!
だと思っていますが、シーバスは果たしてどうでしょう?

シーバスには、回遊性のシーバスと居着きのシーバスが存在します。
水のきれいなところにいた回遊性のシーバスはお腹が銀色をしていて美味しいのですが、居着きのシーバスだとお腹が黒くなっていて臭いんだそうで…。

もしリリースせずに食べるつもりなら、釣ったらまずお腹を確認しましょう!
また、有害物質の蓄積しているような河川で釣ったシーバスは勿論食べない方が懸命です。

あ〜る
そもそも汚染が強い魚は釣れ上がった瞬間から臭いので、食べる気なんか絶対起きないから大丈夫w

リリースするにしても食べるにしても、シーバス釣りはファンがいる程ゲームとして楽しめるもの。
釣りものが殆ど無い2月は、シーバスを釣って楽しみましょう!

あなたはどっち派?シーバス釣りの昼と夜

シーバス釣りではルアー選びが結果を決める?おすすめルアーを厳選!