あなたはどっち派?シーバス釣りの昼と夜

シーバスは長らく夜しか釣れないと言われてきた魚でした。
しかし、近年になって昼間でも狙い方によっては釣れる事が分かり、今やシーバスは昼間に釣るデイゲームと夜に釣るナイトゲームのどちらでも楽しめるようになったのです。

では昼と夜では一体何が違うのでしょうか?
今回はシーバス釣りの昼と夜を比べてみましょう。

シーバス釣りは昼と夜では狙い方が違う!

1.基本的に光が嫌いな夜行性

シーバスは光を嫌うため、日中は日があまり届かない深場・ストラクチャー(障害物)などのシェード(影)に潜んでいます。
暗くなってから活発に動き始め、若くて警戒心の薄いセイゴクラスのシーバスは、明るいシャロー(浅場)に出てくるようになります。
年月を経ている大型は警戒心が強いため、夜になっても日中同様深場やシェードに隠れています。

2.日中でも条件次第で狙える

日中は隠れているシーバスですが、ベイト(エサ)がいれば話は別です。
高活性なシーバスは、ベイトが表層にいればシェードから表層まで出てきます。
シーバスが上がってきていれば、追い詰められたベイトが水面で跳ねるボイルが発生することもあり、良い目印になります。

また、潮に濁りがあるとシーバスは身を隠せるため出てきやすくなります。
身を隠せるストラクチャーやシェードがある・ベイトがいる・適度に濁りが入っているポイントだと好条件が揃っていて狙い目です!
日中は陸っぱりよりもボートから狙う方がシーバスを狙えるポイントが多くなります。

3.日中に狙う場所

日中は主にシェードが狙うポイントです。
テトラなどの消波ブロック・桟橋・沈み根(水中に沈んでいる岩)・シーバース(沖合いにある大型船舶の荷揚げ用の桟橋)・橋脚などのストラクチャー周りにできるシェードと、日の差さないカケアガリや深場を狙いましょう。
ベイトがいるか、ボイルしている場所があるかもよくチェックしてください。
ベイトが視認出来なくても沖に海鳥がいれば、その下にベイトがいるかもしれないので狙ってみると良いですよ。

4.夜に狙う場所

暗くなると高活性のシーバスがベイトを求めてシャローに上がってきている可能性があるのでシャローを狙いましょう。
また、常夜灯や橋の照明などで明るく照らされている部分があれば、そこにベイトがいるか確認してみてください。
明るいところに小魚やバチなどが集まるため、それを狙って表層までシーバスがきているかもしれません。
表層にいなくても、明かりによってできた明暗部のシェードにシーバスがついている可能性があります。



ロッドは専用のロッドを使おう!

では、シーバス釣りで使う主な釣具をご紹介します!

シーバス釣りにはシーバスロッドとスピニングリールを使いましょう。
スピニングリールは他の釣りにも使い回せるものを買っておくのがオススメです!
ここで注意するのは、「シーバス」と「バス」は違います。
バス釣り用のロッドはシーバス釣り用のロッドに比べて短いので、間違えて買わないように注意してくださいね。

ルアーの選び方

1.ルアーはベイトに似ているかどうかで選ぼう!

シーバス釣りでは、魚の餌に似せた「ルアー」と呼ばれる疑似餌を使ってルアー釣りをします。
ルアーには色んな種類がありますが、どれを選んだら良いのでしょうか?

シーバスは、動体視力が人間の数十倍もあるそうで、対象をはっきりと見る能力に優れているそうです。
つまり、一番大事なのはシーバスがその時メインで食べているベイトに似たものを選ぶことです。
基本的にシーバスは時期によって食べているベイトが異なるため、バチしか食べていない時期に釣りに行って、小魚と同じ動きしかしないルアーを使っても食いついてきません。
その時期に合ったものを選びましょう!

2.「マッチ・ザ・ベイト」を意識しよう!

対象魚のベイトに合わせてルアーを選ぶ事を「マッチ・ザ・ベイト」と呼びます。
シーバスはイワシ・イナッコ(ボラの子供)・コノシロ・サヨリ・ハゼ・アユ・イカ・バチ・アミなどを食べています。
これらのベイトに合わせてルアーを選ぶ必要があります。
ちなみに、魚に似たルアー・イカに似たルアー・虫エサに似たルアーはありますが、アミに似たルアーはちょっとサイズ的にありません。
アミを食べている時期のシーバスは釣るのに色々工夫が必要となります。

※シーバス釣りで使うルアーの説明は長いので今回は割愛します。それはまた別記事で…。

とりみ
1月末くらいからのバチ抜けシーズンのルアーに関しては↓↓↓の記事で少し触れているので、読んでみてね!

冬こそ楽しもう!シーバス釣りってどんな釣り?



昼と夜で変わる釣り方

1.日中はどうやって釣る?

日中は濁りがない状態だとシーバスからルアーがはっきり見えてしまうため、ゆっくりただ巻きするとルアーと見切られてしまいます。
ルアーを早巻きして、じっと観察させないようにしましょう。
また、早巻きするだけでは食いつかない場合、ルアーにアクションを付けると、シーバスの本能を刺激して食いつかせることができます。

2.夜はどうやって釣る?

夜は暗くてシーバスがルアーを見付け難いため、ルアーは潮の流れと同じ位のスピードでゆっくり泳がせましょう。
ただ巻きで反応が無ければ、アクションを付けてみると反応があるかもしれません。
明暗部のシェードを狙う際は、直接狙ってルアーを落とすと着水音にびっくりしてシーバスが逃げてしまうので、明暗部の上流の明るいところにルアーを落とし、潮の流れに乗せて明暗部の境目にルアーを通すようにしましょう。

シーバス攻略を目指して

シーバスに合わせて手を変え品を変え…その奥の深さにハマる人が多いシーバス釣り。
初めてチャレンンジする人は、まずはお近くにシーバスの釣れる場所があるかチェックしてみてください!
そしてシーバス釣りを極めたいと思ったら、通える場所にあるポイントに年間を通して通うのが良いですよ。

冬ってどんな釣りをしたらいいの?というか、魚は釣れるの?

みんなで楽しもう!海釣り施設のおすすめ

シーバス釣りではルアー選びが結果を決める?おすすめルアーを厳選!