女性にもおすすめ!ライトゲームってどんな釣り?

大物を狙いに行く釣りもあれば、小物を狙いに行く釣りもあるもの。

ルアーフィッシングというと、大物狙って遠投なんてイメージもありますが、ライトゲームではルアーを使ってアジやメバルやカサゴをお手軽に釣ります。

今回はそんなライトゲームにスポットを当てていきます。

ライトゲームとは?

ライトゲームってどんな釣りが該当するの?

大体サイズ20cm前後の魚をお手軽にルアー釣りするのがライトゲームです。アジをルアーで狙うアジングや、メバルをルアーで狙うメバリングなどが該当します。アジングやメバリングにハマる人は多く、ゲーム性の高い釣りとして人気があるんですよ!

ライトゲームはどんな魚が釣れるの?

ライトフィッシングで釣れる定番の魚はアジ・メバル・カサゴ。主に青物と根魚を狙います。釣りものはサビキで釣れる魚と被りますが、ルアーで狙う分、サビキ釣りよりは大きなサイズのものが狙えます。



ライトゲームに使うロッド(竿)は?

ライトゲーム用のロッド(竿)で釣ろう!

ライトゲーム用に色んなロッドが出ていますが、アジを狙うためのアジングロッドとメバルを狙うためのメバリングロッドを出しているメーカーが多いです。

それぞれ狙って釣りに行く人には専用のロッドを購入する事をおすすめしますが、ターゲットによってルアーを変えれば、ロッドは同じものでも大丈夫!「どっちもやった事ない!まずはどっちか使ってみたい!」という人であれば、釣り方に合わせてロッドを選びましょう。

そもそもアジング用とメバリング用のロッドの違いは?

「どっちもライトゲーム用でしょ?どっちでもいいんじゃないの?」と、思われるかもしれません。正直どっちでも釣れない事はないので間違ってはいません。でも、それぞれ専用にロッドを作るだけあってやっぱり違いはあるものです。

まずはアジングロッドについて。
アジングロッドは、口切れしやすいアジを釣る為にバット(竿の手元の部分)が柔らかく曲がりやすくなっています。竿の先~バット部分が弧を描くように曲がり、フックがかかっている部分の負担を軽減するので、口切れを防ぐ構造になっています。

続いてメバリングロッドについて。
メバリングロッドは、メバルが根に潜ろうとするので、バット部分にはパワーをかけられるようになっています。そのため、竿の先は柔らかいもののバットは硬くなっています。

ライトゲームにはどっちがおすすめ?

これは賛否両論あるのですが…。

アジングロッドは、曲がりやすいため魚のアタリに合わせてフッキングさせる必要があります。慣れていない人にはフッキングのタイミングが難しいかも…でも今後のために練習したいならアジングロッドを選んで良いと思います。

メバリングロッドは、かかってしまえば基本釣れるという点が初心者に向いているとされています。ひとまずライトゲームをやってみたいのであれば、メバリングロッドを選んで良いと思います。長さは7.6フィート前後あると色んな釣り場で使えます。

ソリッドティップとチューブラーティップがあるんだけど…

アジングロッドにもメバリングロッドにも、ソリッドティップとチューブラーティップのタイプがあります。
何が違うかと言うと、竿の穂先の部分(ティップ)が空洞か中身が詰まっているかです。

ソリッドティップは穂先の中身が詰まっていて重みがあり、竿全体が曲がります。
一般的にソリッドティップのものは、魚に違和感を与えにくいためフッキングはしやすいのですが感度が伝わりにくいとされています。
チューブラーティップのものは、穂先の中身が空洞で竿が硬く、曲がるのは穂先のみです。感度が伝わりやすいためアタリは分かりやすいのですが、フッキングはしにくいとされています。

こう書くとどっちも一長一短な感じがしますが…。メーカーによっても違うので、まずは自分が気になったものを使ってみて、気に入らなければ違うタイプのものを使うことをおすすめします。

あ〜る
はい、見た目でロッドを選んだ人が通りますよ。

おすすめメバリングロッド

おすすめアジングロッド

他のロッドでも使い回せる?

すでに持っているロッドの中に、シーバス用やトラウト用がある人は、それでもライトゲームをする事はできます。ただしライトゲーム用のロッドは小さい魚でも引きが感じられるようになっているので、それに比べれば引きが感じられず、面白みにかけるかも…。



ロッドは決まった!その他は?

リールとラインは使い回しでもOK!

リールは、他の釣りにも応用が利くので2000番のスピニングリールがおすすめです。もうすでに持っている場合はそれを使いましょう!ちなみに、あ〜るの愛用品はこれだそうです。

ラインはナイロンが一番扱いやすいです。安いし糸ヨレも少ないので、初心者は絶対にナイロンにしましょう!欠点としては劣化しやすく磨耗にも弱いというところ。

フロロカーボンは重みがあるためよく沈みますが、糸ヨレが多くライントラブルになりやすいです。冬は硬くなってしまい、より多くのライントラブルを起こすことに…。

PEラインは他のラインに比べてしなやかで強度があり、その分巻き癖が付かず細いものが使えます。使っている人は多いのですが、その強度ゆえガイドが削れたり、しなやかで細いからラインが絡んでしまったり…。扱いにくくて高価なので、釣りに慣れている上級者向けのラインです。

ライトゲームのルアーは何を使えば良いの?

基本的にライトゲームではジグヘッド+ワームが使われています。この組み合わせで色んな魚種を狙えますが、サイズや硬さは変えないといけないので注意!

選んだロッドによっても対応できるルアーウェイトが異なるのでロッドに合わせて選んでください。おすすめはこのあたりでしょうか。

釣りガールにも大人気?ライトゲームがおすすめ!

軽装で思い立ったらすぐに出発できることに加え、ルアー釣りのため手が汚れにくいことで最近は女性にも人気だそうです。サビキ釣りと違って数は出づらいですが、かかれば型が良いことが多いのも魅力ですね。

狙える魚種も多く、ふらっと釣りに行けるライトゲーム。ターゲットをガッツリ選んで釣りに行くのも良いですが、たまにはこんな釣り方もおすすめですね。

アジング

サビキでもウキでもない?人気のアジングに挑戦!

これからはメバリングの季節!メバルを釣って春を迎えよう