昼でも釣れる?メバリングのデイゲームとは

メバル

メバリングは夜に行うナイトゲームとして知られています。
それはメバルが夜行性で、昼間は身を隠してしまうから。
では昼間にメバリングでメバルを釣ることはできないのでしょうか?
メバリングのデイゲームについて、私とりみ がご紹介します。

メバルのデイゲームについて

昼間のメバルは釣れない?

メバルが釣れる時合いは、朝マズメ夕マズメ夜間とされています。
メバルは昼の間は身を隠していて、暗くなると活発になったメバルが表層~中層までエサを求めて上がってくるため、夕マズメ以降の夜間が釣りやすいのです。

ぽっさん
ええっ?じゃあ昼間は釣れないってことですか??
とりみ
いえいえ、昼間でもメバルがいれば釣るチャンスはあります!
昼間は釣り難いとはいえ、釣る方法がないわけではないのです!
ただ、メバリングに慣れている人でも釣り難いので、初心者向けではありません…。
メバリング初心者です!という人は、ナイトゲームでメバルを釣れるようになってからチャレンジすると良いかもしれません。

過去のメバリングの記事に、メバリングをこれから始める人のための情報を記載しています。
メバルの生態についてや、メバリングに使用するロッドやリールなどの釣具、ナイトゲームについてそちらに記載があります。
これから始める人は、まずはそちらをご覧ください。

昼間のメバルの探し方は?

釣り場によって狙い目が変わりますが、メバルが身を隠せそうなストラクチャー(障害物のこと)を探しましょう!
漁港や堤防などでは船の下テトラの隙間船の繋留のロープの下や足元の際(ヘチ)などが影になっているので狙い目です。
磯場では藻や岩の隙間などに隠れている可能性が高いです。

他の魚だと潮の流れが良い場所はよく狙い目になりますが、メバルはそこまで泳ぎが得意な魚ではないため、流れが速いと底でジッとしたまま動かない可能性があります。
潮の流れが穏やかな場所であれば狙うには良いかもしれません。

また、メバルのベイト(エサのこと)が水面近くに数多くいるのが見える場合は、そこも狙えます。
ただし、その時メバルが何を食べているかにもよるので、ベイトがいたからといってメバルがいるとも限りません。

一番効率の良い釣り方はこれだ!

一番良いのは、メバルを探し歩くこと!

メバルはカサゴなどと同様、いるところにはいますが、どんなに探してもいないところにはいません。
何回か試してもアタリがなければすぐに移動しましょう!

メバルが近くに居ても寄ってこない場合は、コマセを撒くと誘き寄せることができるかもしれませんよ。
ただ、他の魚まで寄ってきてしまうので外道が増えます…。
また、あまり撒き過ぎるとコマセでお腹いっぱいになってしまって釣れなくなるので、撒き過ぎには注意です。



メバリングのデイゲームで使うルアーは?

定番のソフトルアーは見切られる?

メバリングのナイトゲームでよく使われるジグヘッド+ワームのルアーは、ゆっくりとタダ巻きして使われますが、昼間だとメバルからよく見えるためか見切られやすくなります。

また、昼間のメバルは基本的に低活性のため、ただ巻くだけでなくルアーにアクションをつけてアピールし、思わず反応してしまうように刺激することが重要です。
ダート用のジグヘッドを使ってダートさせるとメバルがリアクションしやすくなります。
ダート用のワームもありますよ!

カラーは、昼間はクリア系が良いとされています。
ピンクなどのアピール力の強い色は釣れてもすぐにメバルがスレてしまうので、緑や黄色など何色か持っておき、ローテーションさせて使いましょう。

ボトムはメタルジグで攻める!

デイゲームのボトムはメタルジグで攻めましょう!

昼間のメバルにはワームよりメタル系のルアーが強いと言われています。
その理由の一つとして、メタル系のルアーは昼間に使うと光をチラチラと反射して明滅効果があり、ルアーの存在をアピールできるという利点があります!

また、メタルジグは選べる重さの幅が広く、遠投性があってボトムを攻めるのに適しています。
水深の深いところでキャストして使うのがベスト!
キャストして沈めたらシャクって、時々フォールさせましょう!
このフォール中に一番メバルが食いつきやすいので、ちゃんと食いつく隙を与えましょう。
フォールがあまり短いとメバルが食いつく隙が無くなるので、長めにフォールさせるなど調整すると良いですよ。

ジギングラップの落とし込みも有効!

メバリングのデイゲームで効果を発揮するルアーとして、ジギングラップ(通称アイスジグ)があります。

このルアーの特徴は、ちょっとシャクるだけで水中で8の字を描くように動く「フィギュアエイトアクション」が可能なこと。
このアクションは魚へのアピール力が高くて効果的です。
ジギングラップを足元に落とし込んだら、チョンチョンと竿先でシャクってあげましょう!

ただ、アピール力が高いということはすぐにメバルがスレるということ…。
そのため、他のルアーで試しても反応が無い時にこのルアーを最終手段として使うと良いでしょう!
また、根がかりしやすいためロストしないように気をつけましょう。
小型のフィッシュイーターにはW2(2cm)かW3(3cm)のサイズがオススメです、釣りたいサイズに合わせて用意しましょう。

手を変え品を変え、メバルを釣り上げよう!

メバリングのデイゲームは、やはりナイトゲームに比べてなかなか難しいもの…。
ただし、夜に比べるとメバルのいる場所がストラクチャーの影などに集中するため、探しやすくなっています!
ポイントさえ見つけてしまえば、後はルアーを見切ってしまう昼間のメバルをいかに反応させるかという勝負になります。
よりゲーム性を求めるなら、デイゲームに挑戦するのも良いと思いますよ!

なお、ナイトゲームについても知りたい方は下記記事に記載がありますので参考にご覧ください。

これからはメバリングの季節!メバルを釣って春を迎えよう

メバルの餌釣りもやってみたい!という人は下記の記事をご覧ください。

メバリングだけじゃない!メバルをエサで釣る方法は?

メバル