メバリングだけじゃない!メバルをエサで釣る方法は?

メバルをルアーで釣るメバリングが人気ですが、ルアーをエサと思わせるためにはテクニックが必要になることも…。
「とにかくメバルを釣ってみたい!」という人は、餌釣りをやってみるといいかもしれませんよ!

メバリングと餌釣りの違いって?

まずは基本的なところから!仕掛けの違い

餌釣りですから、当然生のエサを使うので、ルアー釣りとは仕掛けが違います。

ルアーは木や金属などで作られた疑似餌ですから、魚が普段食べているエサに似せているだけで勿論食べられません。
匂いも付いていないので、まずは魚へアピールするためのテクニックが必要になります。
※極一部のルアー(ガルプなど)には匂い付きのものもあります。

一方で、餌釣りは生のエサを使います。
生のエサを使う利点として、ルアーと違って匂いがするので、その分集魚効果もあります。
また、実際に魚が食べる餌なので、ルアーのように食いついてすぐに違和感を与えるということもありません。

なお、メバルを対象とする場合、主に餌釣りに使われるのは、モエビ(関西ではシラサエビと呼ぶ)ブツエビオキアミなどのエビ、アオイソメイシゴカイなどの虫エサ、シラウオイカナゴイワシなどの小魚です。
昼間はブツエビやモエビ夜はアオイソメが食いつきやすいとされています。
ただ、日によっても場所によっても違うようなので、特に初めての釣り場に行く時は両方持って行った方が良いですよ!

餌釣りに使う竿はメバリングロッドより長い!

メバリングではメバリング用のロッドが主に使われていますが、堤防や磯からの餌釣りの場合は磯竿のべ竿が使われています。
初心者の場合は磯竿の方が扱いやすいと思います。

のべ竿はリールやガイドがない分ライントラブルはありませんが、竿先にラインを結んで使うため、扱えるラインの長さが限られてしまいます。
そのため、水深の浅いところではいいのですが、水深の深いところで底を狙う場合は届かなくなってしまうのです。
応用の利く竿を持っていくのがオススメですよ。

なお、磯竿は5.3mが基準の長さとなっていて、5.3mあれば長い仕掛けが使えます。
ただし、竿が長いとその分風に煽られやすく、支えるのが大変です。
その上、重いので腕が疲れます。

女性の場合は特に扱いが大変なので、4m前後の長さにしておいた方が扱いやすいかと思います。

ところで磯竿には投げ竿同様、号数が付いています。
これは投げ竿と違って、使用できるオモリに関するものではありません。
磯竿の場合の号数は、その号数と同じ太さのハリスを使った時に一番パフォーマンスを発揮するという意味です。
決してその号数のハリスのものしか使えないわけではありませんが、できるだけ同じ号数か近いものを使いましょう。

リールとラインはどれが良い?

スピニングリールの2000番台は持っていますか?
色んな釣りに使い回せるので、すでに2000番台のリールを持っている人はそれを使いましょう。
まだ持っていない人にもオススメです。

ラインは、初心者にも扱いやすいナイロンや、強度のあるフロロカーボンの1~2号を使用すると良いですよ。
ラインは細い方が魚に見切られにくいとか、違和感を与えにくいとされています。
でも、あまり細いと根がかりした時や思わぬ大物がかかってしまった時に切れやすいので2号が無難です。

メバルの狙い目はメバリングと変わらない!

メバルの狙い目についてはメバリングと同様です。
メバリングの記事でも触れましたが、メバルは夜行性で昼間はストラクチャーなどの影に隠れています。
夜になるとエサを求めて表層~中層まで上がってきますが、低活性の場合は底の方に隠れたままです。
昼に行くか夜に行くかで狙い目が変わってきますよ。
釣りやすいのは活性が高くなる夕マズメ以降の夜釣りです!

なお、夜釣りに行く場合は、足場の整っている漁港などで釣りを行ってください。
夜は足下が暗く危険です!特に、一人の場合は周りに人がいなければ海に落ちても助けてもらえません。
できるだけ誰かと一緒に行くことをオススメします。
あと、最低限ライフジャケットは着用しましょう!
また、携帯電話は防水効果のある入れ物にいれておくと良いですよ。



餌釣りの場合、釣り方は?

餌釣りの場合は、ぶっこみ釣りウキ釣りエビ撒き釣りなどで釣れます。
※その他にも探り釣りする方法などもありますが、あまり初心者向けではないので今回は割愛します。

ぶっこみ釣りで狙う!

ぶっこみ釣りは、胴突き仕掛けを使って、オモリが底に着底するまで落とします。
カサゴでもぶっこみ釣りを行いますが、メバルの場合はカサゴと違って底よりも少し上を狙い、底の方にいるメバルの上にエサがくるようにします。

メバルは上から落ちてくるエサをじっと待っていて、エサが自分より下にあってもスルーします。
そのため、エサをメバルのタナの少し上に落とすのが重要です。

胴突き仕掛けを底まで沈めて底を取ってからタナを探っていくわけですが…その場合、一番不安なのは根がかりですよね。
根がかりについては…諦めが肝心です!根がかりが嫌なら他の釣りに変えましょう。

とりみ
市販品の胴突き仕掛けでなく、仕掛けを自作する場合はオモリだけを切れやすくして対策することもできます。

無難なウキ釣り

一番無難なのはウキを使ってのウキ釣りでしょう。
しかし、昼間だとメバルが底の方にいたり隠れているので、コマセなどでメバルを寄せないとなかなか難しいと思います。
夜はメバルが上がってくるので、夜釣りなら電気ウキを使ったウキ釣りが有効です。

電気ウキを使ったウキ釣りだと、電気ウキの光を目印にしてアタリがある(ウキが沈む)か確認できます。
色が他の人と被ってしまって間違えてそっちを見ていた!なんて事にならないように、色を変えられるタイプの電気ウキを選ぶと良いですよ。
換えの電池もお忘れなく!

もし通常のウキを夜釣りにも使いたい場合は、ウキにケミホタルを付ければ、電気ウキの代わりになります。
ケミホタルを装着する穴の空いたウキもありますよ!
ただし、ウキに光るものを別途付けているだけなので、すっぽ抜けるという事も…。

エビを撒いてメバルを誘き出す!エビ撒き釣りとは

エビ撒き釣りは、その名のとおりエビを撒いてメバルを誘き寄せます。
そこにエビのついた糸を垂らして食いついたメバルを釣ります。
これはモエビが安く手に入る関西の方で多い釣り方のようで、関東ではモエビは高価なため、なかなか手が出ないかと思います。
また、関東だと関西のように魚影が濃くないためエビ撒き釣りは向いていないかもしれません。

エビ撒き釣りに主に使われるエビはモエビですが、メバルにはブツエビが効果的。
モエビは横に泳ぐ習性があるため散ってしまいますが、ブツエビは底に向かって泳ぐため、メバルの格好のエサになるんです!
ただし、ブツエビの方が高いので、モエビを気絶させて狙ったタナに撒くという使い方をされているようです。
また、メバルは生きているエビに反応するので、エビを生かして持っていく必要があります。
これからエビ撒き釣りを始める人は、専用のクーラーなどがあるので、そちらを使いましょう。

上記で取り上げた中で効率と費用を考えると、初心者には電気ウキを使った夜釣りが一番オススメです!
夜釣りは不安だという人は、昼間にぶっこみ釣りで狙うのが良いでしょう。

ルアーも良いけど餌釣りも楽しい

ルアー釣りとはまた違った楽しさのある餌釣り。
生のエサだと匂いや後処理が気になる人もいるかと思いますが、実際にやってみるとハマるかもしれませんよ!

餌釣りにも慣れて、今度はルアー釣りに挑戦したい!という人は、メバリングの記事もあるのでこちらを参考にどうぞ。

これからはメバリングの季節!メバルを釣って春を迎えよう

ルアー釣りじゃなくてメバル以外にも餌釣りしたい!という人には、5月頃まで釣れるカサゴがオススメです♪

2月の釣り、それはカサゴ!簡単で楽しい穴釣りはいかが?