3月はメバルの季節?メバルの釣り方総集編!

メバル

釣れない冬が終わりを向かえ、春はメバルのシーズンを迎えます。
これまでの記事でもメバリングやメバルの餌釣りについて取り上げてきましたが、今回はその総集編です!
今からメバル釣りに備えませんか?まだやった事がない人は参考にどうぞ。

まずはメバルについて知ることから始めよう

産卵後にやってくるベストシーズン!早春からメバルを釣ろう

メバルは冬に産卵し、2月頃には段々体力が回復してきます。
早春からシーズンイン!梅雨までは釣れます!!
梅雨以降は水温が上がってきてメバルの適水温より高くなるため、メバルは深場に行ってしまい、岸からは釣りにくくなります…。
岸から狙うなら今がチャンス!
※メバルが釣れなくなってくる夏でも、場所によっては脂の乗ったメバルが狙えるそうです。

なお、メバルのシーズンは春だけでなく、実はもう一回あります。
それは産卵前の秋頃~冬!産卵に向けて荒食いしているメバルを狙えます。
なので、春に挑戦して釣り方を覚えれば、秋にまた狙えます!
春の内にメバルを釣るコツを覚えてしまいましょう!

肉食系のメバルを釣る方法は?

メバルは肉食で、小魚やエビやイソメなどを食べているフィッシュイーターです。
そのため、餌釣りは勿論、ルアーでも釣れます!小魚や虫エサに似たルアーに食いついてきます。
メバルのルアー釣りはファンが多く、メバルをルアーで狙う釣りは「メバリング」と呼ばれていて、メバリング用のロッドが数多く販売されているほど。
餌釣りでもルアー釣りでも、お好きな方で狙いましょう。
どちらにも言えることは、メバルを昼間に狙うのは難しいのでメバル釣り初心者にはオススメできません。
これからメバルを釣り始めるなら、夜の釣りから始めるのがオススメ!

メバルはどこを探せば良い?

メバルは磯や堤防、船から狙えます。
磯や堤防の場合、メバルは身を隠せるストラクチャー(障害物)のある場所にいるのでそこを狙います。
身を隠せるストラクチャーというのは、岩礁帯藻の中海底の石畳杭の周辺船の下岸壁のヘチ(際)捨石付近など。
昼間は隠れていて、暗くなってから活性の高いメバルは表層~中層までエサを求めて上がってきます。
夜釣りがオススメなのはこのため。とは言え、昼間でもメバルが潜んでいれば狙い方次第では釣れますよ!

ただし、「メバル凪」という言葉があります。
メバルは海が穏やかで波の静かな凪の日は活発になりますが、潮が良くても波にうねりがあると動かない傾向にあるようです。
昼でも夜でも、まずは波をチェックする必要があります。
波がある日はメバル釣りを断念した方が良いかもしれません。



メバリングと餌釣り、それぞれ昼と夜の狙い方は?

昼間の餌釣りはエビや小魚で狙おう!

昼間、餌釣りの場合はエビや小魚を使うと良いとされています。

関西ではシラサエビが安く手に入るため、昼間はエビ撒き釣りが多いようです。
シラサエビは関東ではモエビと呼ばれていて、関東にも売っている場所はありますが高価です。
関西では1パイいくらという単位で売っていますが、関東だと1匹単位で売っていたりして、価格には差があります。
それでも磯や堤防からモエビを使って狙いたい場合は、撒かずに針に刺して使いましょう。

ただ、モエビは横に移動する習性を持っているため、メバルが散ってしまうかもしれません。
モエビよりも底に向かっていく習性を持つブツエビの方がおすすめです。

生きたエビが入手困難な場合は、オキアミやサバなどの魚の切り身を使って釣ることもできます。
ただし、メバルは生きているエサに興味を示すので、動かないエサを使う場合は、ルアー同様アピールにややテクニックがいります。
特に昼間はメバルを底の方から誘き寄せる必要があります。
そんな時はコマセを撒くというのも手です!
コマセでお腹いっぱいになってしまったり、他の外道が寄ってきてしまうので撒き過ぎには注意。
また、コマセを使う場合、周囲にコマセが飛び散ると汚れたり臭ったりするので、使用後は洗い流すようにしましょう。

船釣りに関して言えば、東京湾の船釣りでもモエビは針に刺して使われているようですよ。
相模湾の船釣りではこの時期、エビではなく生きているイワシを使ってメバルを釣るようです。

昼間のルアー釣りはハードルアーを使う

メバリングのデイゲームの場合はハードルアーを使いましょう。
ソフトルアーのジグヘッド+ワームがよく使われるメバリングですが、昼間だと明るいせいかメバルにルアーを見切られやすくなります。
そのため、ルアーをエサと思わせて釣るというよりは、ルアーの動きでメバルを刺激して追いかけさせるテクニックが必要です。
ジグヘッド+ワームをデイゲームで使うなら、ダートさせてアピールすると良いですよ。

なお、昼間は底の方にいるメバルを狙うことになるため、深場を攻められるルアーが良いと思います。
オススメなのはメタルジグジギングラップ(通称アイスジグ)
ボトムを攻めるのにはメタルジグを使い、テトラの隙間などではジギングラップで穴釣りをするのが良いと思います。

夜の餌釣りは青イソメの出番!

夜の餌釣りは電気ウキ、もしくはウキにケミホタルを装着したウキ釣りがオススメです。
夜釣りの場合は青イソメが有効とされています。
それは夜、青イソメが光ってメバルが見つけやすいからなんだとか…。
ただ、目に見えるほどの光ではないようなので、魚からしたら目立つ程度なのかも?
また、光るものと光らないものがいるようなので、個体差があるのかもしれません。

夜のルアー釣りはジグヘッド+ワームが強い

昼間は見切られやすいワームですが、夜は効果を発揮します!
昼間のアクションを付けてリアクションで釣る方法とはガラリと変わって、夜は基本的にアクションを付けません。
ジグヘッドにワームを装着し、ゆっくりゆっくりタダ巻きするのが効果的!
ジグヘッドはワームのズレを防止するキーパー付きのものが便利です。

アタリが出ないようなら、糸を巻く速度や攻めるレンジ(水深)を変えて試してみてください。
それでもジグヘッド+ワームのタダ巻きで釣れない場合は、ハードルアーを使ってみるなどの試行錯誤が必要となります。

釣ったメバルは美味しくいただきましょう

釣ったメバルは美味しくいただきましょう!メバルの煮付け、美味しいですよ♪
ただ、メバルは大きく育つまでに時間がかかります。
小さいメバルをガンガン釣ってしまうと、メバルの大型が増えずどんどん減ってしまいます…。
小さいメバルは将来大きくなって帰ってくることを祈って、リリースしてあげましょう!

これからはメバリングの季節!メバルを釣って春を迎えよう

メバリングだけじゃない!メバルをエサで釣る方法は?

メバル

昼でも釣れる?メバリングのデイゲームとは

メバル