ファミリーに最適!海釣り公園に行こう

子供に何かアウトドアの体験をさせたいと思っている親御さん、いらっしゃるのでは?
山登りや昆虫採集も良いですが、釣りなんていかがでしょう!
海釣り公園でならきっと、お子さんと一緒に親御さんも釣りを楽しめると思いますよ。

家族で楽しめる!海釣り公園とは

海釣り公園は海辺にある公園で、園内の海側で釣りができるようになっています。
場所によっては、堤防や海釣り施設などがあり、そこで釣りができます。
特に大きな公園では、子供が遊べるように園内に遊具や潮だまりを設置している公園もあります。
お子さんが釣りの途中で集中力が途切れて遊びだしてしまう…という状態になってしまっても安心です!
どんなに整備されているところで釣りをしても、釣りには少なからず危険が伴いますから釣り場で遊び始めたら大変ですし、周りにも迷惑が掛かってしまいます。
周辺に遊べる環境があれば大助かりですね!
マナーを守って楽しく釣りをしましょう。

なお、海釣り公園には無料のところと有料のところがあります。
特に海釣り施設があってちゃんと管理されているようなところは有料です。
無料のところでも釣りは楽しめますが、ちょっとお金を出せば安心して楽しめるので有料のところの方がオススメです。

何で海釣り公園がオススメなの?

釣り場によくあるトイレ問題を解決できる!

海釣り公園をオススメする理由ですが、まずはトイレがあるという点!
釣り場によくあるトイレ問題が解決できます!

漁港や磯場などに釣りに行く場合、トイレが周辺に無くて困るという問題があります。
特に女性や子連れの場合、トイレ問題によって釣りには手が出ないという人もいると聞きます。
海釣り公園ならトイレがあるのでその心配はありません!

足場がしっかりしている

道が舗装されていて足場がしっかりしていたり、柵があって海への転落防止がされていたりするので比較的安全です。
足場の悪い磯などでは誤って転倒して怪我をしたり、柵の無い堤防では海に落ちるなんてこともあります。
低い柵もあるので油断は禁物ですが、あるのとないのとでは大違いです。
お子さん連れでも安心して釣りが出来ます。
※場所によっては柵が設置されていないところもありますので事前に確認しましょう。

売店がある!

漁港や磯場の周辺では食べるものを調達できないということもあります。
しかし海釣り公園なら、場所によっては公園・海釣り施設内に、売店や休憩スペース、食事処があったりします!
飲食物の心配をしなくて済みますね♪
釣りの途中で疲れたら、ご飯を食べながら休憩すると良いと思いますよ。

駐車場があるから車で行けます

海釣り公園には大抵駐車場があるので車で行くことができます。
電車での移動は辛い…という人も安心!
移動が楽なのは良いですよね、釣った魚も持ち帰りやすいです。
クーラーボックスなどに氷と共に魚を入れて持ち帰りましょう。
売店があるところだと、魚を入れるための発泡スチロールなども販売されていたりします。

その他にも、場所によっては公園でバーベキューができるようになっていたり、水場があって手を洗い流せたりと、至れり尽くせりです。
「釣りは厳しい環境下でやるものだ…」と思って今まで手が出なかった人、是非行ってみてください!
きっとイメージが劇的に変化しますよ!

海釣り公園で遊ぼう

初めての釣りなら手ぶらで楽しめるところをチョイス!

釣りを始めるには、必要なものがいっぱいあります。
ですから、いざ釣りに挑戦してみようと思っても、

「まず竿を用意してー、リールと糸も必要でー、仕掛けやエサも…。あぁあ色々ありすぎて用意するのが大変!!しかも家族分用意するとなると費用がかかる…。その上、これを持って行くとなると荷物がかさばるしなぁ…。」

となってしまいますよね…。
海釣り公園ならその問題…解決できます!

海釣り施設や売店などがあるところだと、竿の貸し出しやエサの販売がありますよ!
これなら手ぶらで行っても楽しめちゃいます♪
初めての海釣りにはベスト!まずはお手軽に釣りをやってみるところから始めましょう。
お近くにレンタルや現地での購入が可能なところがあるか要チェックです!

釣具のレンタルや販売が無いところに行く場合は、釣具やエサを持って行く事になります。
いちいちあれやこれや調べて買うのは面倒…という人は、セットになっているものを買うと安く済むし楽ですよ。
購入する場合は、色んな釣り方があって必要なものも変わってくるので、釣り方に合わせて購入しましょう!
※オススメの釣り方については後述。

なお、釣りに行く時の服装や他に必要なものについては下記関連記事に記載がありますので参考までにご覧ください。

【釣り初心者】はじめてのぼうけん~防具(釣りの服装)入門編~

【釣り初心者】はじめてのぼうけん~アイテム(釣り道具)入門編~

イベントの開催情報をチェック!

海釣り施設のあるところだと、施設で色んなイベントを用意していたりします。

例えばお財布に優しい「レディース無料」「小中学生無料」などのキャンペーン情報。
有料の海釣り施設でもそんなに高価なわけではありませんが、少しでも安く済ませたいならこういったキャンペーンを利用してみると良いですよ。

中には、初心者向けの教室や講習をやっているところもあります!
初めて釣りに行く人でも安心です♪

最初はサビキ釣りがオススメ!

「魚は虫で釣るんでしょ…?いや、無理無理!!」と思っている人もいるでしょう。
確かに虫エサで釣る釣り方もありますが、虫エサがダメな人でも「サビキ釣り」なら虫エサを使わないし簡単です!

サビキ釣りでは撒き餌を使います。
よく使われるコマセは、小さいエビのようなアミというプランクトンです。
これなら虫嫌いな人でも大丈夫!
また、虫エサを使う場合は針に虫エサを刺したりしないといけませんが、サビキ釣りの場合、針の付いた仕掛けと撒き餌を入れたカゴor網を垂らすだけです。簡単です!
難点としては、アミは独特な臭いがするところ。
荷物に臭いがつかないように注意しましょう。

サビキ釣りは小さいイワシ・アジ・サバなどがポンポン釣れたりして楽しいですよ!
折角家族で行っても、釣れなかったらテンション落ちますよね…。
「帰りの車の中で、ただただ疲労感が残るだけの辛い思い出は作りたくない!家族で遊んだ楽しい思い出にしたい!!」
そう思う人にはサビキ釣りをオススメします。
魚がいれば大体何かしら釣れます。
釣りの楽しみを実感できるので、海釣りの最初はサビキ釣りからスタートすると良いですよ!

行くところのルールに従いましょう

大抵、「○○釣りは禁止」などのルールが各所に存在します。
海釣り公園に行く前に、あらかじめルールを確認しておきましょう。
営業時間なども要チェックです!
24時間開放されている公園もありますが、夜釣りは危ないので家族連れにはオススメできません。

家族みんなで釣りを楽しもう!

実際、海釣り公園に行くと家族連れの人をよく見かけます。
まだやった事の無い人は、家族で楽しむアウトドアの一つにしてみてはいかがでしょうか。

みんなで楽しもう!海釣り施設のおすすめ