これだけわかれば大丈夫!新人バサーがリールを選ぶために必要なこと

リール

バス釣りを最大限に楽しむには、専用の釣具が必要不可欠!

でも、リールってなんだかロッドに輪をかけて複雑なカンジ…。
調べるとなんだか難しそうなことが書き並べてあるし、いったいどうやって選べばいいんだろう…。

そんな風に感じている人、いませんか?
今回はそんなアナタのために、バス釣りに必要なリールの知識と選び方をご紹介します!

リールには大きく2種類ある

スピニングリールとベイトリール

リールを選べと言われても、基本的なことがわからないと選びようがないですよね。
まずは、リールのタイプについて知っておきましょう。

バスロッドの記事でも少し触れましたが、リールは大きく分けるとスピニングリールベイトリールの2種類があります。
そして、2タイプのリールにはそれぞれ得意不得意があるんです。

スピニングリールは遠投が得意で軽いルアーも繊細に扱うことができますが、パワープレイは苦手。
対するベイトリールはパワープレイが得意ですが、細かな操作やコンパクトな動作でのキャストには向きません。

初心者にはスピニングリール

では、初心者にはどちらが向いているのでしょうか?

それはスピニングリールです。

スピニングリールは扱いが比較的簡単で、何回か練習すれば誰でもそれなりに飛距離を出すことができますし、器用な人ならその日のうちに狙った場所へピンポイントでルアーを落とすことができるようになるでしょう。

逆に、ベイトリールはちょっと扱いが難しいのです。
扱いに習熟しないうちはバッククラッシュというライントラブルが続発し、釣り人のやる気を根こそぎ奪ってしまうこと間違い無し…。
最初のうちはほぼ釣りにならないと言っても過言ではありませんので、迷わずにスピニングリールを選びましょう!

バス釣りにはどんなリールがいいの?

番手は2000番台〜2500番台

さて、一口にスピニングリールといっても、いろいろな種類があります。
初心者が持つ最初の1個にはいったいどんなリールが適しているのでしょうか?

まず大切になる条件が、リールの番手です。
スピニングリールの番手というのは、簡単に言うとリールの大きさ・サイズを示す数字のことです。
品番にある1000や2000という4ケタの数字がこれにあたり、数字が大きいほどサイズが大きいことを示します。

リールのサイズは使うラインの太さでだいたい決まります。
あくまでも目安ですが、ラインが4lbまでなら2000番台、5lb以上なら2500番台といったところなので、初心者のうちは5lb〜6lbのナイロンラインが巻ける2500番台の方がより適していると言えるでしょう。

ちなみに、番手の表示はメーカーによって多少違いがあり、同じ番手でもメーカーごとにサイズが違ったり、4ケタ中の末尾2ケタが糸巻き量(ラインキャパシティ)を示していたり…という誤差があるので、〇〇番台と呼ぶことが多いです。
番手としては2500も2506もまとめて2500番台、ということですね。

スプールはシャロースプール

リールのうちラインを巻きつけてある部分のことをスプールと呼びます。
スプールのサイズ=リールのサイズなので、基本的に番手が大きいものほどたくさんのラインを巻くことができますが、大きさ以外に気をつけなければいけない要素がスプールの深さ。

簡単に言ってしまうと、スプールには深溝と浅溝(シャロースプール)があり、同じ番手でも深溝と浅溝では巻きつけられるラインの量が異なります。

バス釣りでは3lb〜5lbのラインが多く使われるので、シャロースプールが一般的です。
初心者であっても、5lb〜6lbのナイロンラインが100m巻ける程度のラインキャパシティがあれば問題ありません。

ドラグ性能はそこそこでよし

ラインは、フッキング(合わせ)時や魚が強烈に引き込んだ場合など、急激に引っ張られると切れてしまうことがあります。
それを防ぐために、スピニングリールにはラインにある程度の力が加わるとスプールを逆回転させてラインを送り出す機構が備わっているのです。
これをドラグと呼びます。

1lbや2lbの細いラインを使う釣りではドラグ性能がとても重要になってきますが、バス釣りではそんなに神経質になる必要はありません。
ドラグ性能は価格に正比例しますが、そこそこのもので大丈夫なのでご安心ください。

ギア比

ギア比を簡単に言うと、リールのハンドル1回転に対してスプールが何回転するかを表した数字で、一般には「◯:1」のように表記されます。
たとえば「5:1」であれば、ハンドルを1回転させた時にスプールは5回転する、という意味です。

最初のリールは「すべてのシーンをそつなくこなす」ために、ノーマルギア(ギア比6:1〜6.9:1くらい)がいいでしょう。
品番にHGやSHといったアルファベットが含まれている場合は、ハイギア(ギア比7台)やスーパーハイギア(ギア比8以上)のリールなので、注意してくださいね。

バス釣りのラインはどれがいい?

ラインの素材

リールを選んだら、ラインも買わなくてはいけませんよね。
ラインにはナイロンやフロロカーボン、PEなど異なる素材でできたものがあります。
それぞれ一長一短がありますが、バス釣りではナイロンフロロカーボンを使いましょう。

特にナイロンは扱いやすいので、初心者にオススメの素材です。
色はクリアカラーがメジャーですが、カラーのものでも問題ありません。
糸結びやあたりの取り方に慣れていない間はカラーのものを使うと扱いやすいですよ。

ラインの太さ

ラインの太さを決めるために重要なポイントは釣りをする場所の根の荒さ。
立ち木やブッシュが多い場所では引っかかりやすくなるため、太めのラインを使います。

逆に特に障害物が多くない場所ではできる限り細いラインを使った方が良いでしょう。
ブラックバスはなかなか賢い魚なので、太いラインでは見切られてしまう場合も多いです。

ただし、初心者のうちはフィールドの状況に関係なく5lb〜6lb程度のラインで挑みましょう。
根掛かりや根ズレばかりでうまくルアーを泳がせることができないと、本末転倒です。

最初の1つは記念すべき1つ!

最初の釣具を買ったその瞬間、釣り人生活が始まります。
入門セットを買ってお手軽にスタートさせるのもアリですが、よ〜くリサーチして気に入ったものを選びませんか?

初めての釣具には思い入れもあるもの。
丁寧に使えば10年後も現役、あなたの相棒でいてくれるかもしれません。

戦略+ファイトにハマる!ブラックバス釣りを始めてみよう!

初心者にふさわしいバスロッドはどれ?〜自分で選ぶための基礎知識

リール