アジング初心者は必見!タックル選びに必要な基礎知識まとめ

アジの群れ

そのゲーム性の高さから大人気のアジング。

軽〜い気持ちでやってみたら楽しかった!
こんなに楽しいなら続けたい!極めてみたい!!

そう思う釣り人も多いのではないでしょうか?
でも、人気がある釣りはその人気に比例してたくさんの専用釣具が発売されていて、どれを選べばいいのかわからないことが多いですよね。

アジングもその例にもれません。
そのうえアジングは新しい釣りですから、ラインの選び方一つとってもいまだ釣り人の間で論争が繰り広げられているようなありさま!

多少の知識がないと自分に合った釣具を選ぶのも難しい状況で、初心者には優しくないのが現実…。
ということで今回は、アジングに必要な釣具を選ぶための基礎知識をまとめてみました!

ロッド

ソリッドティップとチューブラーティップ

なにはともあれまずはロッド選びですが、なんだかまた聞き慣れない言葉が出てきましたね。
ティップとはロッドの穂先のことを指していて、アジング専用ロッドを選ぶ際に必ず直面する悩みの種です。

ソリッドティップは穂先の内部が詰まっていて、しなやかで柔らかいのが特徴。
バイトに対して食い込みが良いため、こちらがアワセずとも比較的魚側から掛かってくれます。
ただ、チューブラーティップと比較するとアタリが分かりづらいかもしれません。

チューブラーティップは穂先の内部が空洞の状態で、太くてやや張りがあり、ルアーへのアクションが伝わりやすい。
また、感度も高いことから、小さいアタリが分かりやすいという特徴があります。
そのため、アタリを感じたら積極的にアワセを入れて掛けていくというスタイルになり、遠投にも向いています。

どっちを選べばいいの?

アジは口が柔らかい上に小さくて薄いため、なんといってもバレやすい。
ソリッドティップで食い込んでくれても、アワセどころが同じであれば口切れを起こします。

口切れを起こさないためにはどうするか?
より感度の高いチューブラーティップでアタリを瞬時に捉えて自らアワセる、これです。

個人的には「釣ってる」感のあるチューブラーティップをオススメしますが、こればかりは好き好きなので、自分の釣り方に合ったものを選択するのがベストです。
まあでも正直、技術も日に日に進歩していて、ソリッドでも感度の良いものが出ているので、あまり悩み過ぎなくて大丈夫ですよ!

長さはどうする?

短いものでは5ft~、長いものでは8ft台まであるアジングロッドですが、一般的には6ft~7.6ft程度のものが使用されています。

短いものだと、ルアーの操作性が良く、感度も上がります。
狙った場所へ正確にキャストしやすいため、軽いルアーを使用するアジングには適していると言えるでしょう。

長いものだと、短いロッドよりも飛距離が稼げるので、遠投しなければならないような場所でも使えます。
例えばテトラや磯などへの釣行が多ければ、短いロッドはかえって邪魔になるのです。
ただし長さがある分、感度や操作性は落ちますので注意が必要です。

最初の一本としては、あまり短すぎず長すぎないものを選択することをオススメします。
大体6.8~7.4ftぐらいのものであれば扱いやすいですよ。



リールとライン

リールは軽さが大事!

基本は軽いロッドには軽いリール、重いロッドには重いリール!
全ての釣りにおいて言えることですが、大切なのはロッドとリールのバランスです。

アジングロッドは軽量のモデルが多いので、繊細なアタリを逃さないためにも軽量のものを選ぶと◎。
アジング以外の釣りにも使い回しがきく2000番台のリールがオススメです。

ライン選択もぬかりなく!

軽量なジグヘッドを使用するアジングにおいては、ロッドやリールだけでなく、ラインの選択もすごく重要です。

アジングにおいては軽量リグを使用するため、細いラインを使用します。
細いラインだと感度が高まり、軽量リグでも飛距離を稼げますからね。

ラインの選択はビシビシと釣果に影響しますので、じっくり選んでいきましょう。

まず、アジングで主に使用されるラインはナイロン、フロロカーボン、PE、エステルラインの4種類が挙げられます。
もちろん、それぞれに特徴があるわけで…。

ナイロンライン
・しなやかで比較的ライントラブルが少ない
・安価なため手を出しやすい
・伸縮性があり、感度が悪い(アジングではアタリがぼやけたものになる)
・吸水性があり、劣化が早い
(※ラインの太さは2lb~3lb(0.6号~0.8号)が使いやすい。)

フロロカーボンライン
・ナイロンよりも比重があるため沈む
・潮馴染みも良いのでボトムを取りやすい
・ナイロンに比べると伸縮性が低く、感度もまあまあ良い
・根ズレに強い(障害物が多数点在する場所でも使える)
・ラインが固く巻き癖がつきやすいため、慣れないうちはライントラブルが多発する可能性がある
(※ラインの太さは2lb~2.5lb(0.6号~0.8号)が使いやすい。)

PEライン
・強度があるため、より細いものを使用できる
・伸縮性が低く、感度がとても良い
・他のラインより比重がなく、軽量リグを使用すると沈まない
・一方で、飛距離を稼ぐ事ができるというメリットもある
・高価なため手を出しにくいかも
・根ズレに極端に弱いので、ショックリーダーが必須
(※ラインの太さは0.4号~0.6号が使いやすい。)

エステルライン
・上記のラインの中間的ポジション
・伸縮性が低く、感度が良い
・加えて比重もあり、アジングに適したラインと言える
・ライントラブルは比較的多め
・PEと比べると直線強度が低く、瞬間的な引っ張りに弱い
・根ズレに弱いので、ショックリーダーをつけたほうが良い
(※ラインの太さは2lb~3lb(0.6号~0.8号)が使いやすい。)

各ラインの特徴を簡単に説明するとこんな感じです。

それぞれ一長一短ありますが、初心者であれば扱いやすいナイロン製のものが良いでしょう。
安価なのでライントラブルによるロスがあっても安心です。

アジングにおけるライン論争はずっと繰り広げられていて、どれが良いかはもう人それぞれです。
使いやすい、使いにくいはアジングの内容によっても変わってきますし、どんどん試してみて自分のスタイルにあったものを選んでいきましょう。



分からなくなったら釣具屋へGO!

いろいろと紹介して来ましたが、新しい事をいっぺんに覚えるのはなかなか難しいですよね。
頭がこんがらがってくると「ダ~~ッもう嫌~!」と半ば諦めそうになってしまうかもしれません。

そんな時は釣具屋へ走ると良いかも!?
店員さんに直接聞いて、見て、触ってみることで理解できる部分も多くあります。

ぽっさん
アジング用の釣具が欲しいんですけど…

これだけで大丈夫!店員さんも快く教えてくれますよ!
皆さんにお気に入りの釣具が見つかりますように♪

アジング

サビキでもウキでもない?人気のアジングに挑戦!

これからはメバリングの季節!メバルを釣って春を迎えよう

アジの群れ