初心者でもいっぱい釣れる?サビキ釣りの極意とは!

初めての海釣りに丁度良いのがサビキ釣り。
サビキ釣りは簡単な上にいっぱい釣れて楽しいのでオススメですよ!
ただ、簡単とは言っても適当にやっていたら釣果は伸びません。
コツを知ってから釣りに行くと、釣果が伸びるかもしれませんよ?

サビキ釣りは釣り初心者の人にオススメ!

初めての釣りに行くならサビキ釣りをオススメします。
理由は簡単!最初に釣れないと楽しい事が分からない!!
初めてならサイズなんてどうでも良い!とにかく何か釣れたらそれが楽しい!!
というわけで、一番最初に簡単かついっぱい釣れる可能性の高いサビキ釣りがオススメです。
いっぱい釣って楽しければ、きっとハマるはず…!

サビキ釣りの標準装備は?

サビキ釣りに必要なもの

サビキ釣りに必要なものは、竿とリール・コマセ・コマセカゴorコマセ袋・仕掛け・オモリです。

竿とリールはセットになっているものを購入すればOK!
2.4m~3.6m位の長さの堤防釣り用の竿が良いと思います。
竿は長いと扱いにくいので、特に女性や子供は短めのものを使いましょう。

また、サビキ釣りではコマセという撒き餌を使います。
コマセとして売っているのは主にアミエビというエビに似た小さなプランクトンです。
サビキ仕掛けの針は疑似針といって、針にサバ皮などを付けてエサに似せる工夫がされています。
勿論臭いなどはありませんので、臭いのするコマセを撒いて魚を寄せます。
その中に仕掛けをそっと忍ばせておき、エサと間違えて針に食いついた魚を釣ります。

コマセの使い方ですが、仕掛けの上か下に、コマセカゴ(プラスチックなどで出来たカゴ)かコマセ袋(袋状の網)を付けて、その中にコマセを入れます。
仕掛けの上にカゴ(袋)を付けるのは上カゴ、仕掛けの下にカゴを付けるのは下カゴと呼ばれています。
上カゴの場合は、仕掛けの上にオモリの付いていないコマセカゴかコマセ袋を付け、仕掛けの下にオモリを付けます。
下カゴの場合は、仕掛けの下にオモリ付きのコマセカゴを付けます。
なお、コマセを入れる量は8分目がベストです。
ぎゅうぎゅうに詰めると出なくなるので注意。

サビキ仕掛けは色々出ていますが、オススメはピンク・白のスキンサビキです。
ただ、スキンサビキで釣れない時はサバ皮・ハゲ皮の付いた仕掛けで釣れるということもありますので、いくつか持っていくと良いですよ!
針の大きさは4号~7号辺りが良いでしょう。

オモリは大体3号~6号が使われています。
上カゴ式の場合はオモリが別途必要です。オモリ付きの仕掛けを買うなら必要はありません。
ただし、流れの速さに合わせて重いものに変えた方が効果的です。
少し流れが速いところでは5号あると良いですよ。
下カゴ式の場合はカゴ自体にオモリが付いているので、購入時に重さを確認する必要があります。

上カゴと下カゴの違いは?

上カゴの場合、エサが上からゆっくりと降るような状態になります。
潮の流れが穏やかであれば、上から降ってくるコマセの中に自然と仕掛けが隠れる形になります。
ただ、群れが回遊してきて連続ヒットする入れ食いの時はやや手返しが悪いです。

下カゴの場合は、投入した瞬間からコマセが水中に撒かれます。
入れ食いの時はヒットが早く出るので、すぐに釣ってすぐに再投入できます!
ただし、撒いた位置に仕掛けがくるように位置を調整する必要があります。
また、水深の深いところで使うとカゴが底に着く前にコマセを撒き切ってしまうため水深の深いところではオススメしません。
オモリとカゴが一体化しているので、海底に着底した時に岩などに引っかかって根がかりすると、オモリとカゴを同時に失います…。

なお、下カゴ専用の吸い込みバケツというものがあります。
バケツに海水とコマセを入れて溶いておき、そこにカゴを入れれば、カゴを上下に動かすだけで水中のコマセがどんどんカゴに入っていくという品物。
このやり方なら、コマセで手が汚れずに済みますよ!

サビキ釣りのやり方

サビキ釣りでは基本的に、足元の水面に仕掛けを投入します。
投げたりしなくてOKなので、初心者にも優しいですよ。

上カゴ式の場合は仕掛けを投入後、少し竿を上下に振ってコマセを撒いたら、じっと魚の食いつき(アタリ)を待ちましょう。
むやみに動かすと魚が逃げてしまうので注意。
コマセの流れが止まると意味が無いので、時々竿を上下に動かしてコマセを撒きます。

下カゴ式の場合は、仕掛けを沈めるとすぐにコマセが出ます。
竿を振ってコマセを撒き、仕掛けを下げてコマセの中に忍ばせ、アタリを待ちます。

アタリが無ければ魚のいるタナ(魚のいる層)からズレている可能性があるので、探る深さを変えてみてください。
サビキ釣りでよく釣れるイワシは表層、サバは中層、アジは底の方にいることが多いですよ。

サビキ釣りの極意とは!

先にコマセを撒く

まずは魚を寄せる必要があります、足元にコマセを撒きましょう。
カゴや袋にコマセを入れて投入し、上下に振って撒いて寄せます。
これを数十分程続けましょう。
魚が寄ってこない場合は周辺に魚が回遊していない可能性があります。
ポイントを変えるか、時合いまで待ちましょう。
時間としては朝マズメ(日の出前後)・夕マズメ(日の入り前後)の頃が、魚がエサを食べるために動きやすく狙い目です。
近くに回遊してきた魚が水面で跳ねている時は急いでコマセで足元に寄せましょう!

※コマセを直接足元の海に放り込むと、魚がびっくりして逃げてしまいます。
※釣り場によっては撒き餌が禁止されていますので確認が必要です。

コマセはこまめに追加する!

コマセが無ければ魚が足元に寄らないので、コマセはこまめに追加すること!
釣れる時間帯でなければ、少しぎゅっとコマセを詰めて出にくくして撒く量を抑えるというのも手ですよ。

追い食いを狙え!

アタリがあったらすぐに巻き取らずに、少しだけ竿をシャクり(竿先を上に持ち上げる)ましょう!
サビキ釣りの仕掛けには針がいくつかついているので、一度に複数釣るチャンスです。
空いている針に追いかけてきた他の魚がかかる事がありますよ。
あまり早く糸を巻き取ると口切れしやすいアジなどはすぐに外れてしまうので、落ち着いて巻き取るように心掛けましょう。
サビキ釣りは入れ食いになったらいかに効率よく釣るかが勝負です!

トリックサビキ仕掛けを使う

トリックサビキ仕掛けは、コマセを針に直接付ける方法です。
魚の食いが悪い時に有効とされています。
専用の仕掛けとコマセを付けるための道具を使います。
この仕掛けを使う場合、そこそこ広いスペースと慣れが必要です。

狙うは鈴なりの連続ヒット!

入れ食い状態ならすべての針に魚がついている鈴なりの状態も珍しくありません。
本当にいっぱい釣れるので、食べられるだけの数でやめておきましょう。
楽しく釣って美味しくいただくのが釣りの楽しみの一環です♪