新生活応援キャンペーン!春から始める釣り人生活

釣り人

春と言えば卒業や入学など、新しい生活が始まる節目。
新しい趣味を始めるという人もいるのではないでしょうか。

でもいざ新しい趣味を始めようと思ってみても何も思いつかない、ということも。
何か始めたいなら、新しい趣味の一つの候補として「釣り」はいかがでしょうか?

新しい趣味に釣りをオススメする理由は?

釣りは種類が豊富で飽きない

「釣り」と一言で言っても色んな種類の釣りがあります。
例えば大きなカテゴリーで言えば海釣り」「川釣りに分けられますが、その中でも更に細分化されています。

生のエサを使った餌釣り、疑似餌を用いたルアー釣りなど。
その中にも、釣る対象魚を特定の魚に絞った釣りがあります。魚以外にもイカなどを狙う釣りだってあるんですよ!

つまり、大まかなジャンルとしては「釣り」の一つだけですが、一つの釣りに飽きてもまた違った釣りにシフトできるということ。
釣り方が違っても基本的な考え方などが一部共通しているので、まるまる一から覚え直しという手間もありません。

釣りにハマるワケ!ゲーム性が高い!!

すでに釣りを始めている人は何に魅力を感じているのでしょうか?
その内の一つがこれ、ゲーム性の高さ」!

釣りにも色んな種類がありますが、根本的には狩りの一種です。
小さい魚でもなかなかの引きを感じさせてくれることがあり、その引きがまた楽しいのです。

しかも狙うものによって攻略方法が異なります。
釣り方も狙い方も変わるので、狙っている対象魚に合わせて攻略方法を考え、行動するのです。
どうやって釣り上げるか考えながら行動する…これも釣りの面白さの一つです。
狙い通りに魚を釣り上げる(攻略する)と、達成感がありますよ!

新鮮な魚を食べられる

釣りの魅力の一つ、釣った魚を食べられます!
アジやイワシなどおなじみの魚から、カサゴやカワハギなど馴染みの無い魚まで。
自分で釣った新鮮な魚を食べられるのも、釣りの醍醐味です。
ただし、予備知識はないと後で困りますよ。

サバ

釣り魚のリスクを知っていますか?〜細菌編〜

ヒメマスの刺身

釣り魚のリスクを知っていますか?〜寄生虫編〜

初期費用は?

趣味を始める時に気になるのが初期費用。
予算はいくらでしょうか。5000円?1万円?
釣具って高いんじゃないの?と思われているかもしれませんが、意外と安く済ませることもできます。
最初はレンタルするか、セットになっているものを購入するとお手軽に始められます。
これなら5000円でもお釣りがきますよ。

もうちょっとかかっても良いからちゃんとしたものを買いたいのであれば、少し高めの竿とリールを買いましょう。
それがすべてではありませんが、重要なアイテムです。
竿はものによって硬さなどが違い、魚のアタリが手元に届く際の伝わり方が違うし、リールもものによってサイズ・重量・糸を巻ける量が違い、更には糸の繰り出しやすさにも差が出ます。
安いものでも釣ることはできるのですが、道具にもこだわるなら高いものを買っておいて損はありません。

釣具もピンキリですが、1万円前後のものを買えば大体竿もリールもそれなりに良いものを手に入れられます。
予算のある人ならもっと高い竿もオススメですが、最初に無理して購入する必要はありません。
慣れてからこだわる、というのもアリですよ。

竿とリール以外の必要なアイテムなどについては、下記関連記事に詳細を記載していますので、ご覧ください。

【釣り初心者】はじめてのぼうけん~武器(釣具)入門編~

【釣り初心者】はじめてのぼうけん~防具(釣りの服装)入門編~

【釣り初心者】はじめてのぼうけん~アイテム(釣り道具)入門編~

もっと釣りについて詳しく教えて

何処でできる?

まずは海釣り公園などの管理釣り場に行きましょう。
管理釣り場なら足場がしっかり整備されていて海への転落防止に柵があるなど、安全面からしてオススメです。
釣具のレンタルや販売、休憩所や食堂などがあるので、何か必要なものを忘れてもお金があれば大体何とかなります。

また、釣りの場合よく問題とされるのは、釣り場の周辺に「トイレが無いこと」ですが、管理釣り場ならばトイレもあります。
管理釣り場は基本的に有料ですが、様々な利点があるため利用者は多く、特に親子釣れをよく見かける釣り場です。

安心・安全を第一に考えると、管理釣り場での釣りが一番良いでしょう。
道具の扱い方や、釣り場の危険性と対処方法が分かるようになってから他の釣り場に行くと、トラブルが少なくて済みますよ!

釣りって難しくないの?

何を釣りたいかによっても難易度は変わります。
でも最初って漠然と釣りがしてみたいと思うだけで、別に何が釣れるとか何が釣りたいかとか分からないですよね。
なので、ひとまず釣りの中でも比較的簡単に釣れるものをオススメしたいと思います。

例えば、サビキ釣りなんてどうでしょう。
コマセという撒き餌を使うのですが、魚さえ居れば大体釣れます。
筆者の場合、釣りを趣味として始めた時、一番最初にやったのがこのサビキ釣り。
虫エサを使わないので、虫嫌いな人にもってこいです!(筆者は虫嫌いです)
サビキ釣りは一つの仕掛けにいくつもの針がついていて、魚が入れ食いの時はすべての針にイワシなどが掛かるので楽しいですよ!

初心者でもいっぱい釣れる?サビキ釣りの極意とは!

そもそも臭いが付くのが嫌だという人には、ルアー釣りがオススメ。
ルアーなら生の餌ではないので、手に臭いが付いたり餌で手が汚れるということはありません。
また、餌釣りよりも用意するものの数が少ないので、面倒ごとは少なく済みます。

ルアー釣りで特に初心者に優しいのは、管理釣り場でのマス釣りです。
これをエリアトラウトと呼ぶのですが、マスの管理釣り場では魚の放流があるため、魚がいないという状況が避けられます。
魚がいなければもちろん釣れないので、これはかなり有利です。

真冬でも魚が釣りたい?そんなアナタにぴったり、エリアトラウト!

釣りに難しいイメージを持っている人は、この辺りから始めてみてください。
釣りが初めての人でも結構釣れます!

あと一歩踏み出せない人は便利アイテムで問題解決!

気になるけどまだあと一歩踏み出せないという人は、他にも問題を抱えているのでは?

例えば、「虫が触れない」問題。
これは前述の「サビキ釣り」「ルアー釣り」をするか、虫エサの偽者パワーイソメを使ってみてはいかがでしょうか。

パワーイソメは別名「バイオワーム」。虫エサに似せた人工エサです。
「偽物で釣れるの?」という疑問を持つかと思いますが、意外とこれでも釣れます。
ただし、虫エサの利点である、虫の動きで魚にアピールすることができません。
使うなら多少アクションを付けたりする必要がありますのでご注意を!

あとブルーベリー臭がすごいです。これで魚を寄せるようですが。
虫は触れないけど見る分には平気という人は、虫エサをカットするアイテムを使えば触らずに針につけられますよ!

その他でよくありがちなのは「魚に触れない」問題。
これは魚を掴むアイテムを使えば問題解決です!
針が外せるアイテムもあるので、魚に触れずして針外しからクーラーボックスにインまでを終えられます。

意外と釣りのアイテムは便利なものがいっぱいあります。
こういったものを活用すれば、「○○ができないから諦めよう…」と思った人でも釣りができるのではないでしょうか。

興味があるなら一度やってみよう!

何にしても、一度やってみないとハマるか分からないですよね…。
お手軽にできるところで一回やってみると、釣りの楽しさが分かると思います。

試しに一度やってみてはいかがでしょうか。
「釣りがしたい!」と思った人は、下記関連記事に釣り人デビューの仕方について記載があるので、参考にどうぞ!

釣りデビュー!実際のところ、初心者は何から始めたらいいのか?

釣り人