初心者でも簡単にできる、ちょい投げで釣りを楽しもう!

釣り人

投げ釣りというと、かなり遠くまで仕掛けを投げるイメージがありませんか?
いざやってみると、結構慣れるまで遠投するのって難しいんですよね…。

人によっては、遠くに投げられないからと、釣りを諦めてしまう人もいるかもしれません。
しかし諦めるのはまだ早い!遠投しなくても魚は釣れるんです!

「遠くに投げられないから諦めようかな…」「もっと手軽に釣りたいな…」と思っている人は、ちょい投げをやってみませんか?

投げ釣りの練習にも最適!ちょい投げとは?

ちょっと投げて釣る!お手軽な投げ釣り

投げ釣りで沖を狙うとなると、かなり遠くまで投げる必要があります。しかしちょい投げの場合は、遠投する必要はありません!20m程離れた場所にちょっと投げるだけでOK!これなら繰り返し遠投する必要も無いし、お手軽に魚を狙えます。

ちょい投げで釣れる魚は?

ちょい投げでは仕掛けを沈めて底の方にいる魚を釣るため、主に根魚や底の方にいる魚が対象となります。主にシロギス、その他にもハゼ・カレイ・アイナメ・イシモチ・カサゴなどが釣れます。

ちょい投げに必要な釣具

投げ竿とリールと天秤仕掛け

2m~3mあるリール竿で、錘負荷が5号~15号に対応しているものがあれば、ちょい投げは可能です。すでに条件を満たしている竿をお持ちならそれを使いましょう。

リールは小型のスピニングリールで大体1500~3000番のものなら使い回しがききます。ラインはナイロンの2lb~3lbを用意!PEラインは初心者向けではありませんが、PEラインに対応している竿・リールをお持ちであれば、0.6~1号のPEラインでも使えます。

なお、リールはメーカーによって糸を巻ける量などに差がありますが、使いたいラインを100m巻けるものを使ってください。遠投する時ほどラインの長さは必要ありませんが、ライントラブルが発生するとそれだけでも結構な量のラインが使えなくなります。

もし、竿やリールの使い回しができない場合は、市販のちょい投げセットでも事足りますから、そちらを購入するとお手軽に始められますよ!

竿とリールとラインが揃ったら、今度は仕掛けです。

投げ釣りでは天秤がよく使われていて、天秤には固定式・遊動式の天秤やジェット天秤などがあります。

固定式の天秤の場合

L字型に伸びるアーム(棒状の金属)の先についている2つの輪っかに、メインラインと仕掛けをそれぞれ結びます。L字型のままキャストすることになるので、仕掛けとラインが離れている状態になるため糸絡みしにくくなります。天秤に仕掛けが結ばれているため、魚が仕掛けを引っ張った時に違和感を与えてしまいますが、代わりにアームの反動でフッキングしやすくなります。キス狙いの時は、この固定式の天秤を使って仕掛けを手前まで引いてくる「引き釣り」が主に行われています。

遊動式の天秤の場合

2つの輪っかにメインラインを通してから、サルカンでメインラインと仕掛けを繋ぎます。上の輪っかは小さくなっていてサルカンが通らないので、サルカンより下に天秤が落ちることはありません。それとは逆に、下に引っ張った場合、サルカンは下の輪っかを通るので引っ張った分ラインが出ます。そのため、魚が引っ張った時、天秤に動きを妨げられることがないので、魚にも違和感を与えずに済みます。置き竿にしておくと大物がかかる可能性がありますよ!

ジェット天秤の場合

オモリ部分の上下に金属のアームがあり、その先の輪っかにラインと仕掛けをそれぞれ結びます。キャストする時にアームの部分が曲がった状態になり、糸が絡むのを防ぎます。また、オモリが浮き上がりやすい形状をしているので、糸を巻くとすぐに浮き上がります。根がかりしにくいので根がかりしやすいところで使うのがオススメです。ただし、流されやすいため置き竿やキスの引き釣りには向いていません。

なお、天秤に繋ぐ仕掛けは市販の投げ釣り用の仕掛けでOKです。キス釣り用や五目釣り用の仕掛けも売っています!お好きなものを使ってください。

エサは虫エサ、虫がダメならパワーイソメ!

ちょい投げで主に使われているエサは安価で手に入れやすい青イソメです。

キスやハゼなどを狙う場合は、青イソメの頭を切って切り口から針を刺し、針を隠すようにして横かお腹の辺りに針の先を出します。
針にかかっていない部分が長いとその部分だけ食べられてしまって肝心な針にかからないので、余分なところは1~2cm残して、あとはハサミで切るか手で千切ります。

魚の食いが悪い時は、青イソメをまるまる1匹つけてみると効果的です。青イソメの口の下辺りに針を刺し、反対側に針の先を出します。この時頭に刺してしまうと青イソメが死んでしまい、虫の動きで魚にアピールすることが出来なくなりますよ。このようなエサの付け方をちょん掛けと呼びます。

また、カレイなどの大物を置き竿で狙う場合は、青イソメをまとめて何匹か針に刺す房掛けにします。数匹の青イソメをちょん掛けにしましょう。

「虫エサは無理!」という人は、パワーイソメを代わりに使いましょう。パワーイソメはイソメに似せた人工エサです。ブルーベリー臭がします。細いものから極太までありますが、針を隠すためにも太いものを使うと良いですよ。

ちょい投げの投げ方は?

まずは指でラインを押さえる

投げる時は、竿を握っている両手の、上の方に来る手の人差し指で、リールから出ているラインを竿にくっつけた状態で押さえます。ラインをしっかりと指で押さえたら、リールのベール(糸を止めているところ)を上に起こしてラインが出るようにしておきます。

投げる時は竿を後ろに構える!

体の向きは仕掛けを投げる先に対して真っ直ぐにします。この時、狙う先は何も障害物の無いところを狙うようにしましょう。障害物があるとぶつかってしまう可能性があります。勿論、海鳥などが浮いている場所もNGです。狙う先を決め、後ろに誰もいないことを確認したら、竿を後ろに構えます。

大きく振りかぶって投げる!

投げる時は、周りに誰もいないか確認してから投げましょう!
特にまだ投げるのに慣れてない内はどこに飛ぶか分からないので、背後だけでなく左右も気をつける必要があります。もし投げる時に後ろを誰かが通ったり、投げるのに失敗して左右に飛んでいってしまったら、周囲の人に針が刺さったりオモリがぶつかったりして大変な事になります!後ろを通る、もしくは通りたくて待っている人がいる場合は、先に通ってもらいましょう。左右に人がいる場合は十分に距離を取っておくか、先に声を掛けておくと良いですよ!

周囲に誰もいないことが確認できたら、後ろに構えた竿が頭の上で弧を描くように大きく振りかぶって投げます。この時、頭上の斜め前45度位まで竿がきたところで、ラインを押さえていた指を離してください。指を離すと飛距離に応じてラインが出ていきます。

オモリが着底したらベールを倒す

オモリが海底に着いたらベールを倒してラインを止めます。海底に着いたタイミングを判断する時は、出しっぱなしにしておいたラインがたゆんだら海底に着いた合図です。※流れが速いところで軽いオモリを使っている場合は、流されている可能性もあります。ベールを倒してラインを止めたら、たゆんだ分のライン(糸ふけ)を巻き取り、ラインを張った状態にします。

仕掛けを投げた後は?

手前に仕掛けを引くようにゆっくりとラインを巻きます(サビく)。ラインを巻いていて底に引きずっているオモリが少し重たく感じるポイントがあれば、そこがカケアガリ(海底に傾斜などがあり深さが変わる場所)になっている可能性があります。カケアガリには魚がつきやすいので、そのままサビくか、置き竿にしてアタリを待ちます。

アタリがあったらゆっくりラインを巻き取り、そのまま巻き上げます。アタリが小さい場合は、急いで巻き上げると針が外れてしまう可能性があるので、竿を立ててフッキングしてから巻き取りましょう。

ちょい投げで大型ゲットのチャンス!

遠投は慣れが必要な上にちょっと難しいですが、ちょい投げなら子供や女性でもやりやすいのでオススメです。ちょい投げでも大型がゲットできることもありますよ!
遠投までしなくてもお手軽に釣りを楽しみたい人は、是非ちょい投げをやってみてください。

あなたは知ってる?釣れる釣り人になるための5つのポイント!

釣り人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です