アジングはリグが命!初心者がベストな選択をするための知識まとめ

前回はアジング用のロッド、リール、ラインについてご紹介しましたよね。
ですが、アジングは以前にも説明した通り、ルアーを使用した釣り方です。
リグ(仕掛け)を揃えないことにはアジングが始まりません。

「ロッド、リール、ラインは揃えたけど、肝心のリグはどうすりゃいいんだ!?」

ご安心ください。
今回はそのリグについてご紹介いたします♪

基本はジグヘッド+ワームで攻める!

アジングではジグヘッドと呼ばれるハリとオモリが一体化したパーツに、ソフトルアーであるワームを刺して使うのが一般的です。
そんなジグヘッドとワームですが、それぞれに様々な形があるのをご存知ですか?

ジグヘッドはどの形状を選べばいい?

ジグヘッドの形状はラウンド型、バレット型、矢じり型…などなど様々ですが、今回オススメするのはラウンド型と矢じり型!

ラウンド型は最もスタンダードな形状で、見た目はその名の通り丸型です。
潮受けが良く抵抗を感じやすいため、操作に慣れていない初心者の方は、ラウンド型で潮の流れを感じ取る練習から始めると良いです。
また、ラウンド型はタダ巻きか、リフトアンドフォールで中層~ボトムを縦に攻めていきます。
フォール中の姿勢も安定しているので、フォール中に食いつきやすいアジには極めて有効です。

一方、矢じり型は潮の抵抗を受けにくく、ボトムに落としてからダートアクションで攻めるのに向いた形状で、活性の低いアジや大型のアジを狙えます。
フォール時の姿勢が不安定で螺旋を描くように動くため、フォールで食わせるといった釣りには向いていません。
しかしながら、浮き上がりにくいという特性を利用して、ボトムで大きくアピールする事ができます。

ジグヘッドの重さは?

使用する形状が決まった後は、ジグヘッドの重さを決めていきましょう。
状況によって使用する重さは変化しますが、1gを基準に最低でも3~4種類くらい揃えていくと良いです。
大体0.5g、1g、1.5gあたりを揃えていれば、とりあえずは大丈夫です。

アジはエサを吸い込んで捕食するため、リグが重いとうまく吸い込めずに針に掛からない事があります。
その時は1gから徐々に重さを軽くして様子を見ていくと◎。

また、矢じり型を使用する場合はボトムを攻めていく形になるため、あまり軽すぎると沈んでくれません。
そのため、3~5gの間で数種類揃えておきましょう。
強風の場合も1gのジグヘッドでは太刀打ちできませんので、強風対策としても重めのジグヘッドは必要になります。



ワームの形状はこの3種類から選ぶ!

ソフトルアーのワームには様々な形状がありますが、以下の3種類が特にオススメです。
それぞれの特徴を紹介しますので、状況に応じて付け替えて試してみてくださいね!

ピンテール(ストレート)タイプ
アジングで使用するワームといえばコレ!というほど、最もポピュラーな形状です。
ストレートタイプのワームはタダ巻きでもイケますし、ダートもしやすいためまさに万能型です。
ピンテールタイプは形状が真っ直ぐなため水の波動が伝わりづらく、ナチュラルなアクションが期待できます。
アジに違和感を与えにくいので、初心者から上級者まで広くオススメできるタイプです。

シャッドテールタイプ
ピンテールタイプと異なり、尾びれのような形状を持ったワームです。
この尾びれ部分が水中で左右にプルプル震えるように動いてアジを誘います。
タダ巻きでもしっかりとアピールしてくれるため、食いが渋い時には積極的に使ってみると良いですよ。

カーリーテールタイプ
こちらも尾びれがついたワームですが、シャッドテールタイプとは形状が大きく異なります。
シャッドテールタイプは本体から垂直に尾びれが伸びていますが、カーリーテールタイプは本体からくるんと三日月型の尾びれが付いているのです。
この三日月形の尾びれが水中で大きな波動を生むため、最大級のアピール力を誇ります。
ピンテールでもシャッドテールでも食いが渋い…といった場合、かなり有効的に使えますよ!

ところでワームにも多数のカラーが存在するけど?

そう。忘れちゃいけないのが、ワームのカラー。
エギングの記事でもエギのカラーについて触れましたよね。

エギングで狙おう!春一番のアオリイカはいかが?

それと同様に、ワームのカラーも状況に応じて変えていく必要があるのです。
といっても、カラーバリエーションが豊富なので、何から手を出せばいいかわかりませんよね。
目に付いたものを全色購入するとすれば、かなりのコストがかかります。

というわけで、ひとまず導入として、以下の3種類を揃えてみると良いですよ。

・クリア系(ラメ入り)の透き通った海に強いオールマイティカラー
・ピンクや黄色などのアピールカラー
・白、グロー系の濁りや暗がりに強いカラー

食いつきを見ながら、これらをローテーションでまわして使用してみてくださいね。
ワームカラーについては結局個人の好き好きによるところが強いため、使いながら買い足してみましょう~!

アジングに適したリグを揃えて早速チャレンジ!

「これならアジングいけるかも…!」
そんな気持ちになっていただけると嬉しいのですが、いかがでしたでしょうか?

アジって刺身でもフライでも美味しいですし、アジング自体かなり手軽に始められる釣りの一つですので、是非チャレンジしてみてくださいね!

アジング

サビキでもウキでもない?人気のアジングに挑戦!

アジの群れ

アジング初心者は必見!タックル選びに必要な基礎知識まとめ

女性にもおすすめ!ライトゲームってどんな釣り?