釣り初心者向けのやさしい用語辞典

どんなジャンルでもそうですが、そのジャンルに独特の言葉遣いってありますよね。
もちろん、釣りの世界にも独特の言い回しや、固有の言葉遣いがあります。

しかも釣りの場合は地域差や世代差があったりして、釣り人同士でも円滑なコミュニケーションが難しいこともあるんです。
そこで、このページではよく使われる釣り用語を解説してみました。
ちょこっと確認して釣りに出発するだけでもだいぶ違うので、ぜひ活用してみてくださいね!

「あ」

【あたり】

あたり
魚が仕掛けやルアーにちょっかいを出すこと。
釣り人にはちょっとした振動として伝わる。
なれるとあたりの感じで魚種がわかる場合もある。

【オモリ】

おもり
釣り糸につけて、仕掛けを目的の水深や場所に投入するための道具。
様々な形状・重さのものがあり、用途や状況によって適するものを選択する必要がある。
鉛製のものが主流だが、最近では環境を考慮した鉛を使用しないオモリも登場し始めている。



「か」

【カエシ】

かえし
鈎(釣り針)が魚にかかった時に抜けづらくするため、鈎の内側を逆立ててある部分のこと。

【キャスト】

きゃすと
釣り竿を使って仕掛けを投げる動作のこと。

【クイックスナップ】

くいっくすなっぷ
ルアーやスプーンの交換を容易に行うためのパーツ。
このパーツがあることでラインを切ったり結び直したりせずにルアーを交換することができる。

【外道】

げどう
釣りたいと思っている魚種(本命)以外の魚のこと。

【コマセ】

こませ
魚を寄せ集めるために撒くエサのこと。
冷凍のアミエビのほか、匂いや集魚効果に配慮した人工コマセも多数販売されている。
対象魚種や釣り方によってはアミエビ以外を使用したり、独自に配合したコマセを使用する場合もある。

【コマセカゴ】

こませかご
サビキ釣りなどをするときに、コマセを詰めるための小さな容器のこと。
網袋状のものやプラスチック製のもの、金属製のものなどがあり、用途や好みで使い分ける。

【コンパクトロッド】

こんぱくとろっど
手軽な持ち運びとコンパクトな収納ができるように作られた釣り竿のこと。
1本の竿を縮めて収納するタイプと、分解して収納するタイプがある。
パックロッド、モバイルロッドとも呼ばれる。



「さ」

【サビキ仕掛け】

さびきじかけ
仕掛けのうち、サビキ釣り用に作られたもののこと。
ハリスの太さや鈎の大きさのほか、カラーなどでも様々なバリエーションが存在するので、対象にあわせて選択する必要がある。
また、サビキ釣りやサビキ仕掛けのことを単純に「サビキ」と称する場合もある。

【サルカン】

さるかん
釣り糸の撚れをとったり、仕掛けの交換を素早く行えるようになるパーツ。
道糸とハリスの太さが大きく異なる場合でも連結することが可能になる。

【仕掛け】

しかけ
魚を釣るために作られたハリスと鈎のセット。
サビキ仕掛け・投げ仕掛け・ウキ仕掛けなど、釣り方によって形状が異なる。
また、対象魚の種類やサイズによってハリスや鈎のサイズを調整する必要がある。
すでに完成している仕掛けが一般的で便利だが、自作することもできる。

【スピニングリール】

すぴにんぐりーる
ラインが巻きついている部分本体ではなく、その周りが回転してラインを巻き取るタイプのリール。
軽いルアーを飛ばしやすいことと巻上げ速度が速いことが利点だが、パワーには劣る。
また、構造上どうしてもラインに撚れが生じてしまう。

【スプーン】

すぷーん
ルアーの起源ともいわれるルアー。
その昔、湖の上で食事をしていた人が誤って食器のスプーンを湖に落としたところ、それにトラウトが食いついてきたらしい。
エリアトラウトへの使用がメジャーだが、海でも川でも湖でも使えるらしい。(上手な人なら…)

【スレる】

すれ・る
魚の警戒心が高まっていたり、仕掛けに慣れて見切られていて仕掛けにひっかからない状況のこと。
同じ場所でくりかえし魚が釣りあげられていたり、釣り人の気配や姿を知覚してしまうことが原因。

【セキ】

せき
管理釣り場などで釣り場が区画分けされている場合の区画の呼び方。



「た」

【天秤】

てんびん
投げ釣りの際に仕掛けを飛ばすためのオモリ。
また、仕掛けが空中を飛んでいくときや着水して沈む際に絡まないようにする役目がある。
色々な種類やサイズがあり、用途や対象魚種によって使い分ける必要がある。

【テトラ帯】

てとらたい
港や防波堤などで、消波ブロック(テトラブロック)が入っている場所のこと。
場所によっては立ち入り禁止措置が取られている場合があるので注意が必要



「な」

【投げ仕掛け】

なげじかけ
仕掛けのうち、投げ釣り用に作られたもののこと。
特に対象魚種を絞らない五目釣り用のものから、キス仕掛けなどのように特定の魚種に特化したものまである。
また、対象魚種によっては競技用の仕掛けも販売されている。

【根魚】

ねざかな・ねうお
海底の岩礁や海草の間や瀬などに生息し、遠くへは移動することがなく生息範囲が狭い魚のこと。
メバルやカサゴ、アイナメなど、冬にシーズンを迎える魚が多い。



「は」

【鈎】

はり
釣り針のこと。
あんまり見かけない漢字。

【ハリス】

はりす
仕掛けに使用されている細い釣り糸のこと。
細ければ細いほど魚に見切られにくいが、扱いも難しくなる。

【バレる】

ばれ・る
釣り上がる前に魚から鈎が外れてしまい、逃げられてしまうこと。
けっこう悔しい。

【PEライン】

ぴーいーらいん
極細のポリエチレン繊維を何本も編込んだマルチフィラメントの釣り糸のこと。
伸びづらい性質のため高感度で強度も高いが、傷に弱くからみやすいので上級者向け。
普通のハサミでは切れないこともあるので注意。

【ft】

ふぃーと
長さの単位。
正確には1ft=0.3048mだが、だいたい30cm…。

【ヘチ】

へち
堤防などの波打ち際の部分のこと。
堤防に立って足元をのぞき込んだらそこがへち。

【lb】

ポンド
重さの単位。
正確には1lb=0.45359237kgだが、だいたい450gでいいじゃんね…。
釣りでは主に釣り糸の強度を示すために使用されている。
〇lb=〇lbの引っ張り負荷をかけると切れます、という表記。



「ら」「わ」

【ライン】

らいん
リールに巻かれている釣り糸のこと。
道糸(みちいと)とも。

【リール】

りーる
おおざっぱに言うとラインを巻き取る道具。
ぐるぐる。

【両軸リール】

りょうじくりーる
船釣りでメジャーなリールで、スピニングリールにくらべてパワーがある。
ラインをダイレクトに巻き取るため、ラインに撚れが生じづらい。
投げ釣りでも使用できるが、キャスト時にバッククラッシュというライントラブルが多いため、使いこなすにはコツがいる。

【ルアー】

るあー
ルアーフィッシングに用いられる疑似餌全般のこと。
素材によってハードルアーとソフトルアーにおおよそ分類される。
もちろん、さらに細かい分類もある。

【ロッド】

ろっど
主にルアーやフライ専用の釣り竿のこと。
組み立て式のものとそうではないものがある。
また、同じロッドでも用途によって仕様が異なる。