不器用でも大丈夫!釣り糸の結び方まとめ

釣りをする時には、どんな釣りでも絶対にしなければいけないことが一つだけあります。それは、釣り糸を結ぶこと!!

狙う魚の種類や釣り方によって使う仕掛けや道具、必要な強度も変わってくるので、

・ラインにサルカンなどの金属パーツを結んでそこに仕掛けを繋げる
・ラインと仕掛けの糸(ハリス)同士を結ぶ
・ラインに鈎を直接結ぶ

などなど、様々なシーンに合わせてたくさんの釣り糸の結び方が存在します。

どんな時にどの結び方をすれば良いのかよく分からない…。そんなあなたのために、釣り糸の基本的な結び方や簡単な結び方など、色々な種類の結び方を分かりやすい図解付きでご紹介します!

釣り糸とサルカンを結ぶ

クリンチノット

サルカンやスナップなどをラインに結ぶ時に使える簡単な釣り糸の結び方。これさえできればだいたいのことはなんとかなります!(実際、最初の2年間はこれしか使いませんでした…。)

ただし、太いラインや表面の滑りやすい材質のラインだとほどけやすく、強度が出にくいので注意。

①サルカンやスナップにラインの先を通します。
クリンチノット1
②輪っかに通した糸の先を、反対の糸の上を跨がせて後ろに回します。
クリンチノット2
③そのまま最低5回程巻きつけます。
クリンチノット3
④金属の輪っかと巻きつけた糸の間に出来た穴に、糸の先を通します。
クリンチノット4
⑤糸を通した際に出来た大きな輪っかに、糸の先をくぐらせます。
クリンチノット5
⑥糸の先と大元の糸を引っ張っていき、金属部分に固く結べたら完成です。
クリンチノット6



ユニノット

サルカンやスナップとラインを結ぶ時や、ラインとハリスを結ぶ時など、様々な用途に使える釣り糸の結び方。簡単で覚えやすいです。

①サルカンやスナップにラインの先を通します。
ユニノット1
②糸の先を長めに出して、折り返します。
ユニノット2
③糸の先を、折り返した糸と大元の糸の2本両方をまたぐように後ろに回します。
ユニノット3
④そのまま2本の糸に、3回程繰り返し巻きつけます。
ユニノット4
⑤糸の先と大元の糸を両側から引っ張ります。金属部分にコブが出来たら完成です。
ユニノット5



漁師結び

サルカンを結ぶ時に使える釣り糸の結び方。簡単なのですぐ覚えられます。

①金属の輪っかにラインの先を通します。
漁師結び1
②通した糸の先をもう一度金属の輪に通して輪っかを作ります。
漁師結び2
③糸の先を、大元の糸の後ろに回して輪っかに通します。
漁師結び3
④そのまま2回、金属部分に向かって巻きつけます。
漁師結び4
⑤糸の先と大元の糸を引っ張り、金属部分にコブが出来れば完成です。
漁師結び5



釣り糸と釣り糸を結ぶ

電車結び

ラインとハリスを結ぶ時の基本的な釣り糸の結び方。強度的には弱いのですが、これを覚えると応用が利きます。

①ラインとハリスが交互になるように並べます。
※画像内 青い糸…ライン赤い糸…ハリス
電車結び1

②ハリスの糸の先を折り返して、手前に輪を作ります。
電車結び2
③折り返した糸の先をラインとハリス両方を跨がせます。
電車結び3
④ラインとハリス両方に、3回巻きつけます。
電車結び4
⑤巻きつけたら糸の先を引っ張ってコブを作りましょう。
電車結び5
⑥今後はラインで②~⑤を同じように反対側でやりましょう。
電車結び6
⑦反対側にも同じようにコブを作ります。
電車結び7
⑧この時点で、ラインとハリスで作ったコブが互い違いで出来ている状態です。
電車結び8
⑨ラインとハリスを両側から引っ張って、コブ同士がぶつかるように合わせれば完成です。
電車結び9



輪っかを作る

8の字結び

チチワ(輪っか)をラインやハリスに作る基本的な釣り糸の結び方。これを覚えておくと、ライン同士を結ぶ時やコブを作る時に便利です。また、この釣り糸の結び方を使って胴突仕掛けなどを自分で作れるようになります。

ラインにチチワを作る場合
①ラインの先を長めに折り返します。
チチワ1
②折り返して2本になったラインを更に折り返します。
チチワ2
③折り返したラインの先を、輪っかを作るようにクロスさせます。
チチワ3
④出来た輪っかを一度回転させます。
チチワ4
⑤輪っかの中に、折り返したラインの先を通します。
チチワ5
⑥そのまま両側から引っ張り、チチワが出来たら完成です。
チチワ6

ラインとハリスを結ぶ場合
①ラインとハリスが交互になるように並べます。
※画像内 青い糸…ライン赤い糸…ハリス
8の字1
②ラインとハリス両方を掴み、輪っかを作るようにたゆませます。
8の字2
③2本の糸をたゆませた根元を、片手の指先でつまんでください。
もう片手の指先で、たゆませた部分を一度ねじり、出来た輪っかが元に戻らないようにしっかり押さえましょう。
8の字3
④ハリスの仕掛けが付いている方と、ラインの先を輪っかの中にくぐらせます。
仕掛けを通す際は、怪我をしないように注意してください。
8の字4
⑤左右に伸びるラインとハリスの糸を、両側から締めるように引っ張っていきます。
8の字5
⑥コブが出来たら、飛び出ている余分な糸をハサミなどで切って完成です。
8の字6

あんまり器用じゃない?大丈夫、なんとかなります!

このページには図解も載せましたが、実際の釣り糸は細くてツルツルしていて見づらく、扱いづらいものです。手先が器用な人でも、図解のようにスマートにはできないのが現実です。

ですが、悲観することはありません。ぶっちゃけた話、サビキ釣りで狙うイワシなんて、かた結びでだって釣れちゃうんですものw

それに、クリンチノットひとつできれば、サビキ釣り・チョイ投げ釣り・エリアトラウトくらいは余裕で楽しめます。

難しい釣り糸の結び方は釣り人レベルが上がってから覚えたって全然遅くありません。まずはクリンチノットから、気楽な気持ちで練習してみましょう!

【釣り初心者】はじめてのぼうけん~武器(釣具)入門編~

\つり初心者はこちら↑の記事も参考に♪/