超入門!釣り場のマナーを知ってレベルアップしよう!

釣りをはじめよう!と思ったとき、絶対に必要なものはなんだと思いますか?

竿?
仕掛け?
それとも専用の服装?

いいえ、違います。
竿や仕掛け、適切な服装はどれも必要ですが、一番大切なのものはマナーです。

釣りは最高の遊びですが、たいていは他の釣り人と同じ場所で釣りをすることになりますし、鈎や刃物などの危険な道具も扱います。
安全に楽しく釣りをするためには、守らなければいけないルールやマナーがたくさんあるのです。

とはいえ、いったいどんなマナーやルールがあるのかを教えてくれる先輩が身近にいない人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、当たり前のマナーから釣りをしなければ知らないこと(コマセの扱いなど)まで、釣り人の基本をまとめてみました。

これから釣りに行こうと思っているみなさんは、ぜひ参考にしてみてください。

最新のルールを確認する

漁港や堤防では「○曜日は釣り禁止」や「○○釣りは禁止」というルールがあったり、釣り自体が禁止されている場合があります。
最近になって新たに釣りが禁止される港や堤防も増えてきているため、最新情報のチェックは必須です。

また、車で向かう場合は駐車場の情報も調べる必要があります。
港湾関係者だけでなく地元の方にも迷惑をかけることになるので、違法駐車は絶対にやめましょう。

せっかく遠征したのに釣りができない、なんて悲しい状況にならないように、きちんと下調べをしましょう。
一緒に最新の釣果情報を仕入れておければ万全です。

釣り人以外へ配慮する

お仕事の邪魔をしない

当たり前ですが、港では仕事をしている方の作業が最優先なので、絶対に邪魔をしないように注意しましょう。
お邪魔になりそうな場合は速やかに釣りを中止して移動します。

また、船溜まりなどでは係留ロープやブイなどが水中に設置されています。
仕掛けを漁具やロープに絡ませたり、船体にオモリをぶつけたりする事がないよう、船の近くでは釣りをしないようにしましょう。

迷惑行為、ダメ、絶対!

迷惑行為これは釣り場に限った話ではありませんが、近隣住民の迷惑になる行為は絶対にしてはいけません。
たとえば、

・大音量で音楽を流す
・大声でしゃべる
・違法(無断)駐車する
・私有地に入り込む
・自動車やバイクのエンジン音やクラクションを不必要に鳴らす

などの行為は釣り人同士のトラブルの原因になるだけでなく、近隣住民の方に迷惑をかけることにもなります。
釣り以前の一般常識ですのでわざわざ言わなくとも…と思われる方がほとんどだと思いますが、これが意外と守られていないことが多いのです。



他の釣り人と仲良くする

挨拶をする

誰かの隣に釣り座を構える場合には、かならずお隣さんに挨拶をしましょう。
たとえ釣り場が混んでいなくとも、見ず知らずの人に無言で隣に陣取られたらちょっと感じ悪いですよね。

特に初心者のうちは仕掛けが真っすぐ飛ばなかったり、かかった魚を釣り上げるのに手間取ったりして、周囲の人に迷惑をかけることがあります。
そういったトラブルを100%回避することは難しいですが、最初にきちんと挨拶をしておけば、多少のことは大目に見ていただけるものです。

また、お互いに声かけをすることは、自分の存在をアピールすることにもなります。
一人で釣りに来ていて海に落ちたり大きな怪我をしてしまった場合、声をかけておいたお隣さんが異変に気がついてくれることも少なくないのです。

割り込みはしない

混んでいる釣り場や、狭い釣り場に無理に割り込むのはやめましょう。
安全に釣りをするためにはそれなりのスペースが必要です。

もしその場所に入ってもいいかどうかが自分で判断できない場合は、左右の釣り人に声をかけて確認することが大切です。
また、釣り方によって入れてもらえるかどうかが変化する場合もありますので、自分が何を目的にどういった釣りをしに来たのかを明確に伝えましょう。

中には充分なスペースがあるのに入れてくれないイジワルな釣り人もいますが、そういう人の隣に無理やり入っても良いことはありません。
さっさと引き下がって別の場所を探しましょう。
大切なのは自分がそういう釣り人にならないことです。

荷物を広げない

荷物を広範囲に広げてしまうと、他の釣り人や港湾関係者の迷惑になることがあります。
荷物はできる限りコンパクトにまとめて置き、いつでも移動できる状態にしておきましょう。
忘れ物や盗難の防止にも効果的です。

釣り場を離れるときは竿をしまう

竿は専用の道具で固定するか、しまってからその場を離れましょう。
どこかへ立てかけたり、地面に直置きした状態では事故や破損の原因になる場合があります。
特に子供連れが多くなる長期休暇中はトラブルも多発しがちなので、注意が必要です。

また、仮眠などで長時間釣り場から離れる場合には、いったん荷物を片付けて他の釣り人に釣り座を譲ってあげてください。
誰かにした親切はいずれ自分に返ってくると信じましょう。(←ここポイント!)

周囲に迷惑をかけない

コマセをまき散らさない

サビキ釣りでポピュラーなアミコマセには、独特のにおいがあります。
解凍したての新鮮な状態でも匂いますが、時間が経過して傷み始めるとかなりの悪臭です…。
後片付けも大変になってしまうので、できる限り飛び散らないように扱いましょう。

仕掛けを放置しない

竿からはずした仕掛けはすぐに回収しましょう。
オモリがついていない仕掛けは軽く、ちょっと風が吹いただけでも簡単に飛んで行ってしまいます。
周囲の人にケガをさせたり、港の漁具に絡まってしまう前に素早く回収する習慣付けが必要です。

安全確認をかかさない

投げ釣りを楽しむときは、必ず周囲の安全を確認してからキャストするようにしましょう。
うしろを通る歩行者をひっかけてしまったり、キャストに失敗して自分の背中に仕掛けが刺さることがあります。
眼球損傷から失明にいたる事故も発生しているので、周囲の安全確認は必須です。

また、カゴ投げ釣りではキャストの際にコマセの水分が飛び散ります。
カゴに詰める前に水分をよく切ることで被害を抑えることはできますが、注意は必要です。

食べない魚はリリースする

小さい魚や食べない魚は釣ってそのまま放置せず、すぐに海に帰してあげましょう。
バケツなどに放している場合でも、魚はどんどん弱っていきます。
初めて釣りあげた魚や珍しい魚はしばらく眺めていたい…そんなときでもぐっと我慢してリリースできてこそ一人前の釣り人です。

また、釣りは殺生だということを忘れてはいけません。
入れ食いだからといって食べ切れない量の魚を釣っても、命を無駄にしてしまうだけです。
自分や家族が食べきれるだけの数を釣らせてもらいましょう。



後片付けはしっかりする

ゴミは必ず持って帰る

釣りで出たゴミは危険だったり悪臭を放ったりする場合が多いので、自宅まで持ち帰って適切に処理しましょう。

近年、釣り人によるゴミのポイ捨てが各所で問題になっています。
一部のマナーが悪い釣り人の行動が釣り人全体の評価になっているのは悔しいですが、それが原因で釣り禁止になる場所が出てきているのも事実。

10年後もその場所で釣りを楽しむために、ゴミを出さないようにする。
むしろゴミを拾ってきれいにして帰るくらいの心がけでいたいものです。

コマセの汚れは洗い流す

サビキ釣りをした後は、どうしてもコマセが周囲に飛び散っているものです。
コマセは残っていると悪臭のもとになったり、虫がたかったりして不衛生なので、必ず水をかけて海に流しましょう。
もちろん、使う水はバケツで汲んだ海水でかまいません。

コマセが乾燥してしまうと水だけでは洗い流せなくなるので、長時間釣りをする場合はこまめに洗い流すことをおすすめします。
どうしても落ちない場合はタワシでこすり落とすのが最終手段です。

また、飛び散った程度は洗い流してしまえばいいですが、大量のコマセが余ってしまった場合はゴミ同様に持ち帰る必要があります。
そのまま海に流してしまう人も多いですが、コマセの大量投機は海を富栄養化させる原因になるので絶対にやめましょう。
近くにまだ帰りそうにない釣り人がいるなら、声をかけて譲るのもアリですね。

特別なことは何もない

さて、ここまでで気をつけなければいけないことの大半はご紹介できたと思っています。

みなさんはどんな感想を持ちましたか?
おそらく大半の人は「なんだ、普通にしていればいいんだ」と安心されているのではないでしょうか。

そうなんです。
釣り場だからといって、特別なことはありません。
騒がない・汚さない・他人様に迷惑をかけないという当たり前のことが守れれば、なんの心配もいらないのです。

重要なのはトラブルなく釣りを楽しむこと、そして自分がいつでも他者のことを思いやれる釣り人になることです。
ルールやマナーを守って釣りを楽しみましょう!